土地として存在する女は

地球を養分に
宇宙を養分に

胎児を育て
子供を産み出す


産み出されるのが女なら
女は土地の一部に組み込まれ

産み出されるのが男なら
男は風に乗って土地の上を浮遊する


男が着地するのは
女の土地

胎児の時と同じように
女から地球と宇宙の養分を流し込まれる


女は土地として根を広げ
男は樹木として枝葉を広げる


生命の樹は
こうやって

宇宙に向かって
巨大な生命の花を咲かせる



その花の名前を
「愛」と呼ぶのだ