紅白の必殺早送り視聴を
今年も早速終えた 

予測通り

レディー・ガガ
聖子ちゃん親子
ユーミン

この3組が
最も「魅せて」くれた

何より
この3組は
選曲が良かった



***

泣きながら

孤独を
人生の冬を

ひとり
歩き続ける 

***


そんな人生の心象風景を
力強く生ききる姿を曲にしたものばかりだからだ



ガガのメッセージはもちろん

「自分を愛すること」
「自分を信じること」
「そのままの自分で生きること」

これが

どの曲にも
軸になっている


それにしてもガガはNHKで
思いっきりシャネルの宣伝をしたよな〜

デカマトラッセが
ずっと画面に映ってたし

あそこでバーキンを使わず
シャネルを使ったことも
ガガの意図が含まれる




聖子ちゃん親子は
「逆境に強い」親子なので
震災復興役には適任であるし

そのことを
賢い聖子ちゃんは理解していて

だからこそ
「上を向いて歩こう」を

親子デュエット曲として
彼女は選びとったのだろう




そして・・・ユーミンだ!

普段はテレビに出ない
ユーミンが紅白に出た

その意味は
紅白を見てやっと理解した


ユーミンは「歌手として」
そこにはいなかった


ユーミンは

「巫女として」
「シャーマンとして」

ステージに立っていた



紅白における

ユーミンの歌声が
ユーミンの存在が

どれほど感動的なものであったかは
改めて言うまでもない