自分を取り巻く状況
それが大満足の場合

自分は人生の変革を
起そうなどとは思わない


自分の周囲の状況が

不満だからこそ
(違和感があるからこそ)

自分自身と
自分人生の

大変革へと向かうのだ


でもここで
肝心な事は

自分を取り巻く状況が
不満な状態であっても

自分の内部の状況は
(自分の心状態は)
満足でなければ

人生の大変革は
『あり得ない』ということ


なぜなら
突破口とは

いつだって
「自分の心」から
始まるものだから


***

満足の上にしか
満足は成り立たない

今の幸福の上にしか
未来の幸福は成り立たない

***

その意味とは
自分の心のこと


自分の外側は不満でも
自分の外側は不幸でも

そんな環境の中でも

自分で自分を
(自分の心を)

精一杯に

満足に
幸福に

していく


これが出来て初めて
人生改革はスタートされる


これが出来て初めて
自分の心を突破口に

新しい自分が
新しい人生の中で

生まれていくのだ