楽しそうに
生きてる人を見ると

どうしても
応援したくなる


応援ってのは

「頑張れ」って
言うことでもなければ

「祈ってます」って
思うことでもない


お金を払うことだ
お金を援助することだ


単なるボランティア
単なる社会貢献

そういうのには
全く興味がないけれど

個人援助には
ものすごく興味がある



今の自分がパトロン化しているのは

バイトしながらお金を貯めては
アジアに放浪旅行を繰り返す
ある1人の男性に対してだ


もちろん彼とは
直接コンタクトはとってない

彼が販売する商品を
購入するという形で援助を続けている


彼がアジア各地で仕入れてくる
日本ではなかなか手に入らない商品が

自分的なツボなのだ
(もちろん彼のキャラも感性も美意識もツボ)


そしてたぶん
自分が男だったら

こういう生き方をしたいと
思っている部分もあるから

自分の願望と彼の生き様を
重ね合わせているのかもしれない



商品が売れれば
それが彼の次の旅行資金になる



パトロン行為もまた

今の自分の
ちょっとした人生の

お楽しみでもあるんだ