1年前に感じたこと

今でも覚えているかな
今でも心で活きているかな


当事者でなきゃ

あっけなく
忘れ去られるんだ

大事なことって


自分にとっての
十何年前のことは
今でも昨日の事のようでも

当事者でない
一年前の事は
遥か遠い記憶の彼方だ


それが自分にとっての現実



「復興」ってことを
声高らかに言えるのは
当事者じゃないから

余裕のある傍観者だから



当事者には
そんな余裕はない

今を生きる事で
今を生き延びる事で

ただそれだけで
精一杯なんだから




自分の心の苦しみを
「大した事ではない」と
スルーしないで

世界のどこかの
飢えた子供達よりも

世界のどこかの
家のない人々よりも


自分の心の苦しみ


それこそが
自分にとっての最大の苦しみである事を

自分だけは
スルーしないで



絶望ってのは
自分が世界中で一番不幸だと思う事なんだ



それが
絶望なのに

絶望の縁で

自分と誰かと不幸比べなんか
するんじゃないよ



自分の置かれた状況を
「大した事じゃない」なんて

自分で自分を見捨てるような事
絶対にするんじゃないよ