チャンスはいつも
目の前にある

チャンスはいつも
今やれることにある


だからこそ

目の前をスルーして
今やれることをスルーするなら

チャンスには
いつまでも手が届かない


目の前のものを片付けるから
目の前の視界が開けるんだ


目の前の山積みのものを
誰か片付けてくれないかな

そう思って目の前に
いつまでも全力を出さないこと

これがスルーするということ



自分の人生の目の前のものを
片付ける人間は自分しかいない



いつまでも
やってこない人間を

いつまでも待ち続けて

目の前の山積みのもので
不快感を感じながら生き続けるより


自分で目の前をサッサと片付けて

自分の目の前を
不快から快へ変化させた方が


不快時間は
圧倒的に少なくなり

快時間は最短距離にて
その後確実にやってくる



目の前の山積みの問題

それが山積みであっても
解決していくのは1つずつだ



1つずつ

確実に
解決していくことだ