「自分が好きであること」
これは絶対だ 


何をするにしても生きていく時に
それも「幸福に生きたい」と思うなら

 「自分が好きであること」
これは絶対だ


自分で自分が嫌いな間は
自分で自分を不幸にしか向かわせないからだ


自分で自分を不幸に向かわせる

これに自覚が伴うまで
どれほどの時間がかかることか



自分で自分を不幸にしてきたことが
自覚されない間は

自分で自分を幸福にすることの
意味を理解できない



なぜなら

「やってること」は同じだからだ
「やりかた」は同じだからだ



自分で自分を不幸にしてきたように

それと同じように
それと同じやり方で

自分で自分を幸福にしていく



幸福と不幸は
その方向が違うだけ



自分は自分がつくる

自分は自分の今の環境を参考に
自分で自分を作る


環境の変化


それを成し遂げた人から
今の自分を取り巻くものを参考に


自分で自分好みの自分を
自分で自分好みの人生を

作り上げていけばいいだけなんだ







《 追記 》

環境は既に変化していても
いざ自分づくりに着手する時に

参考にするものが
「不幸時代」のものなら

結果は同じ不幸になるから


今の自分は
何を参考にするのか?

(参考にするのは幸福要素のみだ)

そこはいつも明確に
そこはいつもブレないように