22

このセリフだよ

このセリフを
本人の口から聞きたかった


「止められない」
「恐ろしい薬」


そして彼もまた
麻薬や覚醒剤に至る入り口は
医者に処方された薬だった


***


医者は薬を出すのが仕事だ

医者は薬を処方する事で
収入を得ている

だから

出したら
出しっ放し


患者が薬の依存や中毒に
なればなるほど
医者の収入源は安定する


止めるタイミングは
本人の意志だけにある

ということなんだ


脳を異物で操作するなんて
ホントに恐ろしい行為なのに


これが異常な医療行為だということ

脳にドリルで穴を開けて
精神治療をしていた時代同様

いつの日にか
明らかになることを

ただ待つしかないのかな



今の時代
脳にドリルで穴を開けるなんて
発想すらゼロになってるから

この時代の流れに
期待するしかない


優秀な医者

数少なくても
今も居るはずだから




《 追記 》

残念ながら
電気ショック治療は

現在も
精神治療現場で
行われている


これもまた
時代錯誤甚だしいが

これが現実だ
これが事実だ


「たばこ」も
毒だと言いながら

今も公共の場で
正々堂々と売られている


これが

この世の
異常性だよ