33

自分が嫌いなものを
声を大にして嫌いと言うことは
そんなに難しいことではないんだ

でも

自分が好きなものを
声を大にして好きと言うことは
最初はハードルが高いものなんだよ


なぜなら
自分が好きって言うことを
誰かに否定されるかもしれないから

好きを表現するブレーキは
ココにある


だけど自分が
どっちを声を大にして
言ったら気持ちがいいかって
好きを言うことの方なんだよね

そして自分は気持ちいいけど
それを誰かに否定されたとしても
気持ちいい自分の体感の方が勝るんだ


これは自分で体験してみる価値はある


あと
もう1つ
ハードルの高いもの

それは

他者を誉める
ということ

他者の良いところを見つける
ということ


自己否定歴
自己嫌悪歴

それが長期化すると

このハードルは天まで届くくらいに
スッゲーーーーーー高くなってるから


試しに

自分を誉めて誉めて誉めまくるって
自分の良いところを見つけまくるって

やってみな


自分をケチョンケチョンに
叩きのめすことは容易に出来ても

自分の悪いとこ探しなら
延々と見つけられても


誉める?
良いところ?

「・・・」
「・・・」
「・・・」

ってなるから


飛ぶべきハードルってのは
こういう方向のことで


イヤなことを
イヤイヤやるとか

腰が重いことを
這いつくばってやるとか

こんなハードルは飛ばないで
無視して生きてもいいんだからね