アンジェリーナ・ジョリー
監督&脚本&主演の作品


2人は
この時まだ婚姻中で

そののちすぐ
離婚することになった

ということで
観る側が公私混同するから
この映画の評価って低いんだよね


最初
この映画
iTunesレンタルで観た

その時の感想は
「なんて美しい映像なんだ!」
というものだった

まるでファッション雑誌を
1ページずつめくってるかのように

洋服やバッグやサングラスだけじゃなく
そこらへんにある小物の全てが
厳選されたものだから


ただ
ストーリーは?
というと

コレ
1回観たくらいじゃ
吸収できないわ〜
という感じで


そしたら今
Amazonプライムで
無料で観れる!!!!!



また
観たけど

やっぱり
とっても美しくて

2時間ちょいの長編

それでも見逃していた
数々の美小物があった


そして
ストーリーは?
というと

深すぎて
深すぎて

まだまだ鑑賞回数を
重ね続ける必要があるなという感じ



何が深いって
象徴がありすぎるからだ


・海
・風
・鏡
・バスタブ
・アルコール
・精神安定剤
・タバコ
・覗き穴
・サングラス
・帽子
・バッグ
・ドレス
・ヘアメイク
・車
・ノート
・筆記用具
・タイプライター

などなど
などなど



ザックリ言えば
この映画

夫婦とは
男と女とは
結婚生活とは

というのが
メインテーマなんだけど


そこはね

アンジェリーナが
作った映画だから

彼女の願望が
現れている


「自分を助けて欲しい」
「自分を救って欲しい」

たった1人の人間(男/夫)に
強烈にそれを求めていて


そして映画は
ハッピーエンドだが

現実の2人は
離別した


つまり
映画でしか
このエンディングは
成り立たないってこと


映画を作る意味ってのは
ここにあるんだ

現実で成せることなら
現実で成せばいいんだからさ










個人的に
好きなのは

彼女が
フェラガモのバッグを
持ち歩く風景だ


1人で買い物する時は
赤のショルダーバッグで

2人で出かける時は
黒のハンドバッグで




心が壊れ
精神の狂った女が
美しく魅力的に見えるのも

「映画の中のみ」なり