45


結婚とか
妊娠や出産
そして育児があっても

「自分の人生をどう生きるか?」ってのは

そういう一時的な外的事象とは
何の関係も無いから


それは

虐待環境に育てられようが
恵まれた環境で育てられようが

「自分の人生をどう生きるか?」という

自分の人生の答えを
自分で弾き出さないといけないことと
同じなんだよね


「自分の人生をどう生きるか?」

それと
親や恋人や配偶者や子供の存在は
何の関係も無い


こういうこと
分かってないと

親が悪いからとか
配偶者が悪いからとか
結婚してないからとか
子供がいないからとか

そういう言い訳で

「自分の人生をどう生きるか?」
という問いを

スルーしてしまうことになる



特に中年期以降は
離婚や死別や子供の自立
なんてことも発生するので

「自分の人生をどう生きるか?」

という答えを
それ以前に用意してなかった人は

またまたこの段階で
この問いに直面することになる



「自分の人生をどう生きるか?」

この問いからは
どうやったって逃げられないんだ



だからこそ
逃げずに

答えを出すしかない


自分が自分らしく
幸福な人生を生きるためにね