51

クリント・イーストウッド監督
マット・デイモン主演

ならば良い映画に決まってるでしょー
と思いつつ


この映画の公開時に
東北の地震が発生し

この映画には
津波のシーンがあるので
急きょ公開を取りやめたという
「シンクロ」が起きた映画でもある


映画の内容も
死後の世界とか霊能者とか
スピリチュアル信者が喜びそうなものだが

この映画は
さすがというか
とても良質な仕上がりになっている


2時間以上あるので
ドップリこの世界に浸かり

そして
エンディングが最高なんだ


喪失から
再生へ

再生のためには
喪失は必須項目


でもなぁ
この喪失

手放せない人が
圧倒的多数なワケで

なので再生人間の数が
圧倒的少数派となるんだ
(*再生人間=本当の幸福を生きる人)


もうすっかり
失われている過去に
いつまでもすがっていたら

再生は有り得ない

真の幸福を生きることにも
永遠に手が届かない


喪失体験が
夜明け前の真っ暗闇人生のことで

再生体験が
夜明けに見る太陽みたいなもんだ


ああ
そういう意味では

Angelaは毎日
日の出を見ながら

再生体験を
何度も疑似体験してるんだな


それは他者の人生でも
他者の再生体験に便乗しながら

何度も
何度も

人生再生の
疑似体験をさせてもらっている!
(エエ仕事や!)