スクリーンショット 2018-06-14 7.29.39

気に入った本は
相変わらず表紙を
剝ぎ取っちゃうんだけど

グレイヘアものというか
素敵な年齢の重ね方をしている人が
タップリ掲載されている雑誌というと

今まで色々読んだが
この3冊が永久保存版っぽい


意識的に選んだわけじゃないけど
パリとロンドンのマダム本オンリーになった


それで

この手の雑誌を
たくさん読むようになって知ったのが

海外の色んな髪色を持つ人たちってのは
年齢を重ねる途中で髪色が変化していくということ
(日本人は黒髪から白髪への極端な2段階しかないのに!)


特に美しいグレイヘアの人は
20歳くらいで白髪になった
という人たちも結構いるんだ


そういや
Angelaの大好きな
ヴォーグのサラ・ハリスさんも

あのシルバーヘアは
染めたカラーではなくて
白髪だった!ということを
つい最近になって知ったんだよ


彼女は十代から白髪が続々出現したらしいが
今では完全に全部が見事に美しい白髪
    ↓
スクリーンショット 2018-06-14 7.27.27
https://www.instagram.com/sarahharris/


若くして白髪になると
白髪葛藤歴はとてつもなく長く

でもどこかで
それをブワっ!と吹っ切って
「ありのままの自分」で生きるようになる
(=白髪染めをしなくなる)



その自信が
彼女たちの美を
形成してるんだな



この3冊の中で
ロンドンマダム本が
特にお気に入りなんだけど


そこで読んでて
ハッとしたのが

この年齢の方々って
あの激動の60年代と70年代に
青春を生きた方々なんだよね


それこそ
ヴィヴィアン・ウエストウッドと
同じ年齢とか

もちろん
ロックのレジェンドたちとも
同世代なんだよ


それで
大きく納得したんだ


なぜ
彼女たちが
年齢を重ねても

こんなに生き生きと
自分らしく輝いているかって




日本では
アラフォーという言葉と
美魔女という言葉を流行させた

現在のアラフィフ世代の女性たち(←自分も含む


彼女たちが日本で現在進行形で
美の革命を起こしているように


海外では
一足先に

ロックとパンクが
世界を変えた革命時代を
同時進行で生きた女性たちが

こーんなに
元気はつらつ

人生の後半戦を
全力でエンジョイしている!


という図式が
これで明らかになったのだ















Angelaは
まだまだ
白髪は少ないのだけど

なぜか前髪の一部だけが
メッシュのように束で白髪になっている

これが超お気に入りなのよ〜

すごい綺麗なキラキラした
プラチナ色の白髪だから!




そういや喫煙者って
白髪が黄ばむらしいから

美しい白髪を目指すなら
禁煙は必須だよ


Angelaは禁煙歴20年だから
20年も経てば黄ばみもリセットされるのねー










47
http://angelalala2.blog9.fc2.com/