占星術

各惑星の温度

スクリーンショット 2019-01-26 8.50.57

へ〜
おもしろい

温度で惑星を比べるなんて
そういう発想は無かったから


にしても
金星と水星は熱いな

木星以下は
人間の生存とか
そういうレベルの温度じゃないしー


ということで

『人間火星移住計画』ってのは
最もリアリティがあるってこと

温度を見れば
一目瞭然だった!









2018/4/27「キロン=牡羊座」

00

キロンは
ホロスコープでは
持って生まれた心の傷を表し

それはのちに
自分の癒しへと変わる
(自分らしく生きる根底はここにある)


キロン=ギリシャ神話のケイローンなのよね
     ↓

17


このキロンがだ

2018年4月27日に
魚座から牡羊座へと移動するんだ


4月27日ったら
上弦の月と満月の間

ええ時期での移動や

4:27
ーいつも経過図は日本(東京)で作成しているー



キロン=魚座
キロン=牡羊座

これはもう
メチャメチャ空気が違う



それが
どう違うか?

キロンの変化は
自分と人生にどんな影響をもたらすか?


それは

自分の生きる体感の変化
自分の人生の流れの変化

それで汲み取ってみる!


これが
ホロスコープの
正しい学び方なのだ





54

ちなみに

次にキロンが
牡牛座に移動するのは2027年


なので今後9年間
「キロン=牡羊座」が続く









満月を過ぎたら何をする?

05


満月を過ぎたら

やめる
捨てる
手放す


何を???


自分を不快にすること
自分の心を不健康にすること
自分の身体にダメージを与えること
自分自身と自分人生を不幸に陥れること


その
ありと
あらゆる

『悪習慣』を

やめる
捨てる
手放す


そういうタイミングなんだ









理論は後からついてくる

IMG_5864


ホロスコープを
出生図だけではなく
進行図や経過図も合わせると

リアルタイムで
惑星や星座の影響を
読み取ることが出来るんだ


出生図が
動かないホロスコープなら

これらは
動くホロスコープと言える


理論でホロスコープを読むと
理論でホロスコープを定義してしまうが

ホロスコープが先ならば
理論は後からついてくる



自分を学ぶことが
人間や人生を学ぶことに等しいのと同じく

動くホロスコープにより
ホロスコープから理論を学び取ることが出来る



もうそれは事実として
既に自分の人生で起っている

それを理論で後から定義するのだから

ホロスコープ理論が
事実からズレないのは

当たり前のことなのだ











パワフルな宇宙に便乗する

14


いやいや
まだまだ

この宇宙のパワフルな時期は続く


3月に入っても
いきなり満月だからな

そして
春分点

ホロスコープの
始まりに戻るのだから

4月くらいまで
この影響はあるかも



ってことで今

自分&人生改革の
良い時期真っ最中なので

新規の人生習慣を
幸福の人生習慣を

ぜひぜひ
自分のモノにしましょうね〜



新習慣を獲得するには

毎日の行い
毎日の繰り返し

それしかないのだ!









満月と蝕と褒美の関係

IMG_5780


満月は
ギフトを受け取る日

蝕の満月は
『サプライズ』なギフトを受け取る日!



今回のサプライズ・ギフトは
おもいがけず超ゴージャスだった〜〜〜




もちろん

ギフト云々って話は
「自分で自分を幸せにしている人」
限定のギフトだからね

日々自己虐待して
「自分で自分を不幸せにしている人」は
まずその生き方と考え方から変更すべし!



星と宇宙の法則は
癒しが終わらないと通用しない法則だからだよ
(癒されてない人は光と愛を自分で遮断して生きてるから)








自分に従うこと=宇宙に従うこと=幸福になること

49


自分は小宇宙
宇宙は大宇宙


宇宙の仕組み
自然の流れ

それに逆らわず
それに背かず


ただそうやって生きるだけで
自分は幸福になれる


宇宙に逆らい
自然に背く

そんな大それたことさえしなければ
自分は幸福になれる



幸福は
難しくはない



自分と人生を
難しいものにしているのは

(宇宙と自然に逆らい背こうとする)
人間の傲慢さだけ

ただそれだけなんだ












月の満ち欠けは行動の指針

1


何はどうあれ

この際
意味すらも
どうでもよく


新月から満月までは
新規行動&未知行動

満月から新月までは
処分行動&消去行動


こういうメリハリが
月の形でつけられる

それが
「良いこと」
なんだな


随時
臨機応変に

新規行動&未知行動
処分行動&消去行動

こういうことを
自ら率先して
日常的に
行える

そういう人は

新月だろうが
満月だろうが

月の形は関係ねぇって話さ


とにかく年々
生きるスピードは加速していて

2週間とか
1ヶ月とか
(1年すらも!)
超高速で流れていく


そういう時に

・新月
・上弦の月
・満月
・下弦の月

と4つのピンポイントがあると


超高速スピードにかまかけて

無駄に
ダラダラと
貴重な人生時間を
垂れ流すことはなくなる





・・・ってことで

明日の早朝
新月!!!












サビアン・シンボル牡羊座30度のイメージはコレだ!

07

ダッシュ村のアヒル村長を思い出す

00

このサビアン・シンボルを見ると



だってアヒル村長が
このイメージにピッタリなんだもん〜



牡羊座の
総仕上げというか
ゴールはココ!

なんと
のどかで
平和な世界観だろうか


それは
「井の中の蛙」ではなく
「アヒルの池と雛」なんだ


蛙は
生まれてから一度も
井の中から出たことがないが

アヒルは
自分の居場所を見つけるために
ず〜〜〜〜っと外の世界で放浪を繰り返し

流れ&流れ&流れ&流れて
自分が本来いるべき池に辿り着く
(そこを永遠の住処とした証に雛を産む)


自己探求の旅とは
正にこういう感じ


牡羊座は
直感と衝動のみで
動く!動く!動く!

直感と衝動に
計画は無く計算も無い


自分の心が熱く燃える方向
ただその1点に向かって走り続ける


だけど

自分が動いてきた道を
後から振り返って見れば


まるでそれは最初から
綿密に計画されていたかのように

まるでそれは最初から
緻密に計算づくだったかのように


見事なまでの経路が
形成されているんだ










ホロスコープ=自分らしさ=個性記述

06

ホロスコープってのは
自分らしさの象徴だからさ

Angelaも息子たちの
それぞれのホロスコープは
生まれた時に作ってあるのだけど


自分らしさ
ホロスコープらしさ

それが

分かりやすく
表面化するのは

十代の半ばから
十代の後半から

なんだよなぁ〜


同じ子供でも
親や環境は同じでも
それぞれに個性が全く違うから

性格も
思考も
行動も

全く違うんだ


この「違い」ってのが
ホロスコープを見ると
よ〜〜〜〜〜く分かる


ホロスコープの存在があって
ホロスコープが読める自分がいて

有り難いな〜と思うのは

子育てしていて
こういう瞬間なのだった











幸福実現という化学反応

53

錬金術の記号表を見ると
占星術でおなじみのマークがあって


太陽=金
月=銀

火星=鉄
木星=スズ
土星=鉛

・・・という感じなのだけど

やっぱ錬金術と占星術って
ふか〜い関係があるんだな


金を作るとは
太陽を生きるということで

太陽を生きる
イコール
自己実現人生

そのために
他の惑星たちの
様々な化学反応が必要

ということなのだ


***

太陽を生きる
イコール
自己実現人生

***


結局

不幸を脱するには
幸福になるしかない


「幸福になる」なんて
そんな大変そうなことは
一切したくないから

ただ不幸から脱したい
というのは

だから
無理なお話なのよ〜


それに
「幸福になる」ことは
別に大変なことじゃないし

 
ただただ
自分が楽しい方向に
その1点だけに生きていくだけ

それのどこが
大変なんだ?


イヤなことを
イヤイヤやって

死にたい!死にたい!って騒いで生きる方が
(もしくは心身にダメージ喰らって弱る方が)

よ〜〜〜っぽど
大変な生き方だ




 

《 追記 》 

だから
あれだ

太陽星座占いという
星占いに

片足や両足を
突っ込んだ状態だと

自分に与えられた
(最低でも10天体)
全てのエネルギーを使いこなす

という錬金術発想に

いつまでたっても
辿り着くことは出来ないのだ






 

癒しが終われば占い情報が活きてくる

28

カウンセリングと占いってのは
もう全く世界観が違っていてね


カウンセリングの場合は
相手の言葉を拾い集めて
それを別の形で差し出すだけ

つまり
「主役は貴方」
ってな世界観なのだけど


占いの場合は
生年月日以外
相手から何の言葉も無く

自分が解読した占い情報を
一方的に書きまくるだけ

つまりネタ元は
確かに貴方なのだが

世界観としては
「主役は私」なんだ


この両方を別々にやってるからこそ
自分の中でバランスが取れている
というのがある


それで

占いをやっていて
面白いな〜と思ったことがあってね

それは今の時代ならではなんだけど


Angelaの占い鑑定を受けて
「貴方は私のことを知っている?」
(どこかで会ったことあるのでは?)
ということを何度か言われたことがあるんだ


もちろんAngelaは
全く知らない人なのだけど

ちょっと名の知れた人とか
ネットで自分のことを詳しく書いている人とか

自分の人生のことを
調べれば出てくる系の人は
こういう疑いを持つんだろう


でもこれって
Angelaにとっては
最高最大級の誉め言葉なんだよね〜〜〜

生年月日だけで
その人の過去の人生の足取りを
キチンと正確に読み取れたってことだから!


過去が読めれば
現在も読める

現在が読めれば
未来も読める


でもさ

占いどおりに
(自分に素直に正直に)
生きてる人ってのは

そこそこ幸福っていうか
そこそこ成功もしている


幸福とか
成功とか

そういうのから大きく
かけ離れて生きてる人ってのは


自分の(変えられない)
宿命に抵抗して

自分の(変えられる)
運命を無視して


そうやって日々を
モガき苦しみ生きているからだ


そういう人に必要なのが
カウンセリングってやつで

だからこそ

”癒しが終われば
占い情報が活きてくる”

という
人生の仕組みになっているのだった!







 

レアな月/レアな出来事

12

今回のスーパームーン

アメリカだと
こういう感じに見えたのね



なんか結局
流れ的に言うと

レアな月のタイミングで
レアな大統領が誕生した

ってことになるんだよなぁ


これが
世界の話で

でも月のタイミングは
個人の人生にも影響を与える


Angelaはもち!

パ〜〜〜〜っと開けた
新しい扉があったけど


あなたの人生でも

レアな良いこと
何かあったかな?






 

占星術の真実

21

星座というのは

屁理屈でもなければ
空の上にあるものでもなく

こんな風に
自分の全身に
リンクしてるものなんだ


自分の体のそれぞれの部位を
それぞれの星座が担当している
という感じだ


だから

自分の強みも
自分の弱みも

自分の星座の状態
自分の星座にある惑星の状態

それによって
読み取ることが出来る


人間こそが宇宙で
全身こそが宇宙って
こういうことなんだよ


そんなこんなを1つずつ
勉強していくようになると

星占い
太陽星座占い

あれって何なの?って
自然に思うようになる


あんなものを

毎日
毎週
毎月
毎年

必死に読むことが
いかに無意味なことか

心底
理解するようになる


こういうのを
仕事にしている人ってのは

私は
僕は
占い師じゃないって

絶対にどこかで
ハッキリ明言してるはずで


だってこんなこと
占い師がマトモにやってたら

たとえ仕事は絶好調になっても
心身や私生活が不調になるっていうか
どっかで必ず不協和音が発生するからだ

(だからマトモでは続かない&もたないという結果になる)


真実ではないことを
真実のように述べるってことには
そういうリスクがあるんだよ


心身
私生活

それが
絶好調でこそ

ふか〜い真実ってのは
語れるものなんだから






 

占星術の歴史

01


占星術と
神的なものってのは

昔は
こうやって

ちゃーんと
共存してたんだよなぁ〜


いつから
それが

魔女狩りなんてことに
なってしまったのか


宗教が持つ
歪みが発生したのも

きっと
同じ頃なんだろう







若い太陽の塔

IMG_3699
「若い太陽の塔」
というものも存在した

ここから進化した完成形が
32
こうなったんだな
57
 完成形では
「過去」を背負っているが

若い方に
「過去」はない



最初は太陽の顔は
頭にあった

それが

腹へと
(体の中心へと)
移動して
裏の顔も作って

そして完成


太陽の塔に頭で輝くのは
感度の良いアンテナのようなものだろう
いわゆる「第三の目」のことだろうな


調べてみると
太郎さんは

『生命の樹』という概念を
知っていたみたいだ





 

占いとブランド

06

占いなんて・・・という人と
ブランドなんて・・・という人と

なんか
なんか

似てるわ〜〜


だいたい
こういうこと
言う人に限って

占いのこと
な〜んにも知らなくて

ブランドのこと
な〜んにも知らなくて

ちょっと聞きかじったことだけで
バッサリ否定したり拒否したりするから


占いも奥が深いが
ブランドも奥が深い

占いもブランドも
どちらも思想だってことは
完全一致しているしね


自分にとっての
占いの最高峰であるホロスコープ

自分にとっての
ブランドの最高峰であるエルメス

どっちも
錬金術に関係があるって意味では
辿り着いた道は同じで


面白い


自分道では点と点は
必ずどこかで繋がっていくものだから



 

 

ホロスコープと土地の関係

IMG_3651

ホロスコープにも
色んな使い方があって

例えばAngelaは
生まれは東京だから
通常の出生図は東京で作るけど

自分が住んでる場所で
ホロスコープを作成し直す
な〜んてこともできるんだ


大阪&京都&神戸といった
過去に住んでいた関西で作ると
怖〜〜い驚きの事実が判明してね

当時はパソコンも
ホロスコープソフトもなかったから
そんな驚きの事実も知らずに過ごし

そして震災の勢いで
今の土地に流れ着いたが

今の土地は
ホロスコープを作っても
すごく自分的に良い土地なんだ


怖〜〜い驚きの事実とは
主には異性関係なのだけど
当たりすぎて怖過ぎる!!!

恋愛ブラックホールって
マジであるんだな〜と


あとは
仕事関係もね

東京在住や関西在住だと
カウンセラー色が強かったはずで

でも今の土地だと
教師とか指導者とか
そういう色がメッチャ強いんだ

元々インストラクターの仕事があってこそ
この土地に流れ着いたから
入り口としても当たりだったんだな


それでまた
ロンドン在住で
ホロスコープを作れば

ロンドンでは
占い師としてバリバリ仕事をする
という風に変わっていく


土地って面白い


でもそれは
あくまでも

「自分にとっての土地」
って意味なんだけどね







 

生命の樹と太陽の塔

44
太郎さんが作った
『太陽の塔』

14
 これが「生命の樹」の図式に
ピッタリ当てはまるんだなぁ


太郎さんは
「生命の樹」なんて
知らなかったと思うけど

偉大な芸術家ってのは
無意識に人類の智慧にアクセスして
未来に永遠に残る作品を作るものだからね


ティファレト=美=太陽


実に見事に
太郎さんが太陽の塔で
太陽の顔を位置した場所が
生命の樹での太陽の場所だし!



横に伸びた「手」は
「バランス」の象徴なんだろう

右と左のバランス
光と闇のバランス
右脳と左脳のバランス
未来と過去のバランス

ありとあらゆる
相反する要素を

どちらに傾く事なく
どちらにも両手を伸ばして

そして

この世で
この現実世界で

両足をつけて
根を広がらせて立つ


そして
てっぺんの

ケテル=王冠=海王星

これは
宇宙からのメッセージを
受信する自分アンテナだ



「生命の樹」ってのは

幸福な人間の在り方を示した
古代から伝わる人類の智慧なんだよ


 
それを具現化した作品が
日本に(関西に)存在するって

すご〜〜〜い!


 

 

宇宙を翻訳する美づくりという手作業

19

「牡牛座」という曲を作った
スピリットというバンドが

ツェッペリンの「天国への階段」を
盗作だと訴えたんだけど

裁判所は
盗作ではない
という判決を下した







聴き比べてみれば
似てるっちゃあ似てるけど

でもよく聴けば
音の雰囲気は似てるけど
メロディは全く違うものだ



でも
そもそも

音楽ってのは

いや
いや

音楽に限らず

言葉も映像も
絵画も洋服も

美アートの全ては
何処から来てるか?って


それは宇宙だからさ


個人が生んでるようで
個人はパイプでしかない

そもそもの根源は皆
宇宙のエネルギーなんだ


そのエネルギーの「翻訳中」に
同じような雰囲気のものが生まれても

だからそれは
不思議なことではないんだよ


んでまた
スピリットの曲

タイトルが「牡牛座」だからね

これ
そのまんまや


牡牛座宮
もしくは
牡牛座の支配星である金星

そこらへんの波動というか
そこらへんのエネルギーを受信して

そして曲を作って

そしてタイトルも
めずらしく直訳で
降りてきたんだろう


かたや
ジミー・ペイジも
宇宙と繋がってる人だから

天国への階段を製作中に

牡牛座宮
もしくは
牡牛座の支配星である金星

そことリンクしながら

このギターフレーズを
生み出したんだろうなぁ〜とは思うが


が!
が!

こんな話
裁判所では
全く通じない話だからね


通じないけど
この裁判の判決を下した人は
めずらしく真実を無意識に認識できた

つ〜〜ことなんだろうなぁ〜




めでたし
めでたし




 

竜の頭とACで幸運力が強化された話

BlogPaint

このヘッドフォンみたいな形が
ドラゴンヘッドなのだけど

Angelaのドラゴンヘッドは
双子座にあって

だから!毎年必ず6月には
「良い事がある」のだった!


6月に良い事ってのは
すっかり定番でさ


でもきっと
どのホロスコープマニュアルでも

自分のドラゴンヘッドのところに
経過中の太陽が来たら
良い事あるよーとは
書いてないはずだ

そのくらい
最初は誰もが
体感が薄いんだよ
(薄いから気がつかない)


逆にホロスコープ上の
10天体のどれか1つに
経過中の太陽が来る時ってのは

ヒーヒー&ハーハーな
体感に見舞われる

なぜならそこで
惑星力のリセットが発生するからだ


でも
ドラゴンヘッドでは
そういうことが一切ない

ただただ
良い事が毎年やってくる


それともう1つ
Angelaの幸運ポイントには
10月ってのもあって

これもすっかり
毎年恒例なのだが

ここには
何があるって?

何もない
ACがあるだけだ


ってことはACも
ドラゴンヘッド同様に
幸運ポイントになるってことなんだよ


この話も
どのマニュアルにも
書かれていないはずだ

なぜならこれも
最初は体感が超超超薄いからだ


そもそも
幸運ってのは
体感の薄いもの

体感が濃いのが
不幸の体感なんだ

痛いとか
苦しいとかね


んで

薄い体感
幸運の体感

それに
ある時
なんとなく気づく


なぜか毎年
6月に良い事あるな〜と

なぜか毎年
10月に良い事あるな〜と

そして
自分のホロスコープを見る


6月の双子座にも
10月の天秤座にも

惑星は何もないのに何故?

ってとこから
この事実を発見した


ちなみに
ACが天秤座って

マニュアルでも大きく
『美女AC』と呼ばれているだが

間違いなく
Angelaも美女です


でもコレ
後天的美女のことだ


つまりは
『美に磨きをかける』

そういう習性を
生まれた時から持ち合わせている!

という意味なんだなぁ



注)Angela流美磨きとは
ノンストレス&ガハハ笑いの日々なり〜〜





《 追記 》


幸運の薄い体感

そこに自分が気づくということは
そこに自分の意識が向かうようになる


自分の意識が向かう
イコール
自分のエネルギーが注がれる
イコール
そこに力が宿る

結果

幸運の薄い体感が
幸運の濃い体感へと変わる
(=幸運の濃い体感=幸運力アップ!)

となるんだが


不幸のスパイラルにハマってる人は
この同じ仕組みを使ってますます
自分で自分を不幸に陥れている


不幸の濃い体感に

自分の意識を注ぎ
自分のエネルギーを注ぎ
不幸に力を宿らせている
(=不幸力の強化!)


・幸福の体感は薄い
・不幸の体感は濃い

まずは
ここに気づき

濃い方に誘導されず
薄い方に自ら誘導するって

これもまた
自分でしか行えない

日々の地道な
幸福訓練なんだからね




 

惑星年齢で自分人生地図を作成

27

占星術には
惑星年齢って発想があってね

これが面白いことに
アラサーやらアラフォーやらの
あの定義とピッタンコなんだわ

09
 
この表の四捨五入年齢が
そのまんま惑星年齢に当てはまる


月ー7歳以前
水星ー小学から中学まで

ってのがあって
あとはこの表の通りだ

金星ーアラハタ
太陽ーアラサー
火星ーアラフォー
木星ーアラフィフ
土星ーアラカン
天王星ーアラセブ
海王星ーアラエイ
冥王星ー85歳から死まで


自分のホロスコープの
惑星の星座の位置が
それぞれ極端に違う人は

惑星年齢の
切り変わり目で

ゴロっと
ガラッと

自分と人生が
変化することになるのだが


こういう自然の流れに
背きながら生きてる人は
(宇宙に背いて生きてる人は)

過去のどこかに縛られ生きてるので
惑星年齢をトントンと移行しなくて

ず〜〜っと同じ自分のままで
(幼児のまま or 子供のまま)
生き続ける人もいる


例えばコレを
Angelaに当てはめるなら

Angelaは惑星年齢をそのまんま
ス〜イス〜イと生きてきていて


7歳までの月年齢は
無意識領域の開発時期で
ほとんど何の記憶もなく

水星年齢では
自己表現と自己主張の
手段と方法を獲得し続け

金星年齢では
音楽と映画と恋愛とセックスにハマり

太陽年齢では
人生の目的という答えを弾き出し

火星年齢では
人生の目的を具体的に生き始め

木星年齢では
過去からのご褒美をタンマリ受け取り
(自分らしく生き続けたご褒美のこと)

・・・と
今はこの木星年齢を生きてて


次なる土星年齢では

一切の無駄を省き
本当にやりたいことしかやらない
という段階だから

その準備は今もうすでに
着々と行っている感覚はある


さらにもっと長生きして
天王星年齢を生きる場合は

ここで生き方を
大きく変えることになるだろうね

なにするんだろ?
海外に移住とかもアリかな?


その後も長生きして
海王星年齢を生きる場合は
占い師としてモリモリ生きそうだな


で最後85歳以上も
自分が生きる事になれば
哲学書でも書くか!?

死がMAXまで身近に感じて
思うこと山盛りあるだろうからね



という感じで
自分の人生の地図が
惑星年齢だけでもゴロゴロ作れるが

もちろんここに
ホロスコープ情報も合わせれば

かなり細かく
自分と人生の見取り図が
完成されることになるんだよっと!






双子座の象徴

IMG_3478

最近なにかと
気になるモチーフは小鳥で

いよいよ新月を迎える今朝

とてもキレイな
変わった野鳥を見た


鳥ってのは
とても双子座的だ


自由で
軽やかで
何ものにも縛られず

あっちで
こっちでと

いつも
楽しそうに
歌を歌っている


双子座の支配星は水星で
自己主張と自己表現がその核にあり

水星が生きてないとは
水星が死んでいるとは


鳥かごの中に
閉じ込められた不自由な鳥

鳥かごの外にいても
飛び立たない勇気のない鳥

鳴かない鳥
歌わない鳥

正に
その姿なんだよ


鳥とは

想像
空想

その象徴で


自分が
どんな夢を頭に描こうが

自分が
どんな理想を頭に描こうが


そんなのは
個人の自由で


自由とは

そう
まずは自分の脳内

そこから
始まっていくものなんだから





 

ヒルデガルトが幻視したホロスコープの図

02_04_hildegards_cosmic_vision_web

ヒルデガルト・フォン・ビンゲンが
幻視したホロスコープの図

ホロスコープとは

1個の人間の図であり
同時に
全宇宙の図でもあると

いやもう
アッパレ!

スゴすぎでしょ
ヒルデガルトさんは!



実際にホロスコープと
頭上の天体とは違うんだよね

星座というものも
ホロスコープの星座と
天体の星座は違うし
他にも色々違う


Angelaはホロスコープとは
個人に与えられた曼荼羅だと思っている


唯一無二の
自分だけの曼荼羅

そこには自分の完全性が描かれる


何かが欠けていても
その分何かが補われている

それは自分という円の中で
全ては完結しているんだ


だからこそ

自分の中の欠けを
自分以外の誰かに補ってもらうって

そういう発想自体が
おかしなことで


ただ

曼荼羅ってのは
内面性のものだから

現実面や
物質面や
生活面や
経済面では

自分以外の誰かに
自分を補ってもらう

ということは当然起る


それに
そもそも仕事って
他者から貰うお金で
成り立つものだからね


お金は自己生産できない


そういう意味でも
お金ってのは

現実の象徴でもあるんだよ






 

神の意志が吹き荒れる時

IMG_3114

現在の惑星の
宇宙天気図を見ていて

ああ
なんか
ウィリアム・ブレイクっぽいなと


相変わらず
fixedはゼロで
今はairもゼロで

airは情報とかを意味するから

外的情報の一切を排除し
そんな中で圧倒的fire集中の今
 
fireは直感
fireは衝動

fire(火)がair(風)なしで
water(水)とearth(土)だけで
吹き荒れるって

これぞ正に
「神の領域」
って感じだからね


もちろん
ここで言うところの
神とは

ジーザスとか
仏陀とかって話ではなく


自分の心のことだ


人間とは
自分の心に
忠実に生きれば生きるほど
神がかっていくから


自分の心は
自分を不幸にはしないし

自分の心は
自分を幸福にしかしないし


神ってのは

「心」と同義語で
「幸福」と同義語で

だから宗教の名を借りて
自爆や犯罪を繰り返す人々は

偽宗教心ならぬ
偽宗教頭の持ち主なんだよ





これが牡羊座だ!

IMG_3072

サラっと雪が白く積もった道路

まだ誰の足跡もなく
まだタイヤの跡もない

ここを早朝Angelaと犬が
2種類の足跡を付けながらテクテクと歩いていく


牡羊座って
こういう感じさぁ〜


太陽星座が牡羊座じゃない人も
出生図の牡羊座に惑星がない人も

全ての人のホロスコープには
牡羊座という空間は存在するし

進行図を見れば
牡羊座に惑星が入る時期もあるんだ


まだ誰も足を踏み入れたことのない場所に
誰よりも先に自分が最初に自分の足を踏み入れていく


こういう生き方

しなきゃいけない場面
しなきゃいけない状況

何度でも
誰の人生でも
起こりうることなんだよ



誰かが1度でも通ったことのある道は
あとから歩いてくる人の道しるべになる



そうさぁ〜

Angelaの太陽星座は
牡羊座だけど

太陽より
もっと強烈なのが

Angelaの
『水星=牡羊座』

この存在感なのさぁ〜






螺旋階段のようなホロスコープの円

IMG_3055

明日は春分の日なのだが

ホロスコープでは
この日を春分点と呼ぶ

ホロスコープの
スタート地点である
牡羊座の始まりの合図だ


螺旋階段のように
グルグルと生きる限り上昇する
ホロスコープの360度の円周


いよいよ
新しい円が

明日から
誰の人生でも
描かれ始めるんだよ





 

レアでナイスなタイミング

William Blake6
これはウィリアム・ブレイクの作品

「蝕」っていうと
この絵が頭に浮かぶ


明日は新月

そして
いよいよ
蝕期間が始まる


せっかくの
明日からの新月〜満月
それも日蝕〜月蝕期間だ


清々しい気持ちに
自分を整えて

軽やかな気持ちに
自分を整えて


未知なる世界に
ドドーンと足を踏み入れる

そうそうない
レアでナイスなタイミング


いよいよ明日から
始まり始まり〜〜〜〜






ホロスコープの金星

47

1974年2月5日
マリナー号により撮影された金星

普段見る金星の画像と違って
乳白色で卵みたいに見える


***


それで
金星って

まあこれこそが
個人の美意識を表す惑星なんだけど


金星って
美意識だけじゃない
信仰心も象徴する惑星だな〜と

最近
つくづく思うこと


Angelaは自分で
信仰心のある人間だと思ってる


だって

ロック信仰
マック信仰

それよりなにより
自分信仰主義者だしね


宗教の本質ってのは
宗教というグループを守ることではなく

信仰心

その大切さを知ることが
そもそもの発祥のはずなんだ



金星ね

金星ってのは
現実世界にモロ
影響を与える惑星で
(金星=お金=現実価値)

宗教という
頭の中で完結するだけの屁理屈ではなく

信仰心という
現実世界で展開させる幸福人生創作の
その鍵を握っている

と言っても
過言ではないと感じるんだ



金星は星座なら

牡牛座=物質世界
天秤座=人間関係


金星はハウスなら

第2ハウス=才能と収入
第7ハウス=人生パートナーや結婚


ね?

だからやっぱ金星ってのは
現実的幸福実現の核なんだよ



金星=美意識=美を基準に生きる
・美を基準に仕事選択
・美を基準に人間選択

金星=信仰心=信じる心と共に生きる
・信じる心で仕事選択
・信じる心で人間選択

    ↓

 現実的幸福人生実現!




占い雑談

IMG_2569


いよいよ12月だね〜


毎年
年末年始には

太陽星座占いや
12サイクル占いが
世間に蔓延するのだけれど


太陽星座占いは
まあいいのだよ

星占い洗脳を打破するのは
割と割と簡単なことだから


でもあのコワ〜い顔したおばさんの
12サイクル占いだけは

宗教やスピ洗脳を打破するのと
全く同じくらいに解除が大変なのだった


最近は少なくなったけどね
一昔前は多かったな

これのサイクルを
すっかり信じ込んでしまって

生きることに
恐怖を感じていた人達が



人間は12年サイクルで
同じところをグルグルと
生きてるわけではないのだ!

(同じところを延々と
グルグル生きてるのが
修行人生者の生き様なのだ!)



ホロスコープでは
12サイクルどころではない
360サイクルが存在している

つまり

360年以上生きなきゃ
同じサイクルには辿り着かない
ということなんだよ

ということは

人が生きる
全ての「年」

それは自分の人生で
「唯一の年」ってことなんだ



ホロスコープでの
12年サイクルってのは
木星の動きがそれに当たる

でも木星が
どの星座に位置しようが

そもそも
ホロスコープの360度の円
どの部分にも「凶」なんてのは
存在しないんだ


木星がやってくると
確かにその星座の惑星は
光が一段と増していく


今は乙女座に木星がいて
だから現在50歳前後の
アラフィフ世代に
スポットライトが当たっているんだ
(今年の紅白もアラフィフ紅白だしね)

なぜなら
アラフィフが生まれた時に
乙女座に世代を象徴する
力強い惑星が2つ位置していて
(タイミングによっては3つ!)

そこに今
木星のチカラが関与して
アラフィフが世の中を
先導しているからなんだよ



***



ホロスコープは
唯一無二のものだけど

でも
コンピュータ占い
これはイマイチ
信憑性に欠ける

ってこと

いろいろ市場調査して
分かったこと


だからやっぱりホロスコープは
1対1で占ってもらうほうがいい

不吉なメッセージ
不幸なメッセージ
そういうの語らない人を

自分の直感で
シッカリ選んで!



Angelaも大昔に唯一
自分の意志で見てもらった占いが
ホロスコープで

今の自分は
その人が語った
Angelaの未来
そのまんまになったんだ

当時は
そんな未来

『不可能』にしか
思えなかったけど



これから

もし
どこかで

占いメッセージを
読んでしまったら

***
良い事だけ信じて
悪いことは信じない
***

この姿勢を
徹底すること!


そして
良い事を信じるってのは

そこに向かって
自分で行動開始しなくてはいけない


なぜなら

未来を作るのは
占いではなく

自分の意志
自分の行動

それに他ならないからだ






賢いエネルギーの使い方

tour-eiffel-paris-estimation-prix

現在ちょうど
宇宙天気図では

冥王星と
天王星と
火星が

緊張感のある
エネルギーラインを作っていて


こういう時こそ
テロリストみたいな超アホが
超アホ行動を起こすんだけどさ


この力を
アホ方面ではなく

賢く
正しく

「自分革命」に使うなら
「自分改革」に使うなら

今こんなに良いタイミングは無いんだ



自分の在り方を
自分の生き方を


自分の人生未来図を


今こそ
練り直し

今こそ
考え直し


ガラっとゴロっと
軌道修正させるのに

バッチリのタイミング
なんだからね!




 

冥王星の美が教えるもの

blue_skies_on_pluto-final-2
01


冥王星の美しさが

こうやって次々に
露になっていくのね〜


***


冥王星が壊すもの
冥王星が奪うもの

それは
そもそも

自分には
「いらないもの」
なんだよ


もちろん
この「いらない」基準とは

自分が幸福を生きる時には
「いらない」ってことなんだけどね


逆の言い方をすれば

苦悩と苦痛の人生を
生き続けたい人には

それは「いるもの」となるんだ


自分が生きていて
その渦中で

何かが壊れても
何かが奪われても

それは

自分の幸福人生には
必要ないものである事を知るのなら


何かが壊れること
何かが奪われること

そんなことは

別に「どってことない」って
思えるようになるんだ





 

Ceres(セレス/ケレス)

24

占星術だと
セレスと呼ぶのだけど

この惑星に
「光が見えた!」と
NASAからの報告があった


セレスに光・・・かぁ〜


***


セレスってのは

女性性とか母性とか
そういう感じで解釈していて

1人で淡々とコツコツと
優しく温かく何かを育てるって

そういうイメージなんだよね



Angelaのセレスでは
古き良きものを現代に再生させるって
そういうニュアンスで使われているので

だから占星術とか錬金術とかを
(現代風に)現代に蘇らせることを
自分の使命と感じているんだな






新月の意志そして行動

FullMoon2010
今日は新月!


この新月は
いつもと大きく違って

すんごい大事な新月だから



もちろん

願い事系
他力本願

そんな話じゃない


自分のことだ
自分の心のことだ


この新月を境に
過去をスパッと切るか切らないか

大事なのは
その1点のみ!


ドワ〜〜〜っと
ドヘ〜〜〜っと

新月過ぎても

過去と同じ
ダーク&ローな
心理&思考パターンを
延々と心と脳で繰り返すのは

トットと
「おやめなさい!」

つ〜〜こと〜


コレ
出来るか出来ないかは
自分の意志の問題なのだ


甘美な麻薬が
自分の目の前に置いてあって

それに手を出すか
それに手を出さないか

その意志とコレは
全く同じなのだ!


麻薬依存
麻薬中毒

彼らの生き様と
同じ生き様をしているのが

『今を不幸に生きる人』なんだから


不幸も
幸福も

全ては

自分の問題だ
自分の心の問題だ


自分の意志の有無の問題なのだ
自分の行動の有無の問題なのだ!





《 追記 》 
 
甘美な麻薬
=悲劇のヒロインという陶酔

これやめるためには
麻薬をガン見しててはダメなのさ


麻薬をガン見
嫌いな人をガン見

んで

それはダメ
あれはアカンと

思い続けること


これが
『ミイラ取りがミイラになる』
というパターンだ


麻薬がそこにあること
嫌いな人間がそこにいること

そんなこと
眼中になくなるくらいに

他に視線を移すということだ
他に視線を集中させるということだ

(他=ミイラ取りがミイラになっても良いもの〜)


***

今を
楽しく
生きる

***

とは
そういうこと!


今を
今日を

ウツウツと生きても
明日に希望は降っては来ないから


今を
今日を

ワクワクと生きてこそ
明日も希望がやってくるんだから


そして
楽しみとは

誰かや何かに
「与えられるもの」
これでは全く意味がない


***

楽しみは
自分が生む

楽しみは
自分が作る

***

これが
最大の「コツ」なんだぞ



*楽しみ=幸せ!



 

ハートな冥王星

45
NASAが撮影に成功した
(史上最接近で見る)冥王星の姿!

ハートが見える〜〜〜
BlogPaint
冥王星って
一番遠い惑星で

その撮影に

宇宙的至近距離で
成功したって

これは本当に
ものすごいことなんだぞー!


冥王星にハートマークか〜ぁ〜


愛を知るための喪失
愛に向かうための喪失

幸福を知るための喪失
幸福に向かうための喪失


確かに
そういうの

人生であるもんな




バンド「X」&占星術&ルーン

X+JAPAN++PNG-1
X JAPANというバンド名
最初は「X」だった

YOSHIKIがバンドの
海外進出を視野に入れた時

海外にも
「X」というバンドが
存在したので

あとで
JAPANを付け加えた

「X」というバンド
「X」というバンド名
「X」という文字
「X」という形

なんか意味あるな〜と
それも重要な意味があるな〜と

80年代当時は
そんな感じだった


が!
今は分かる

色んな意味が
手に取るように分かる


ホロスコープにも
「X」という小惑星がある

ルーンの石にも
「X」という形が存在する


ホロスコープの「X」は
YOSHIKIのバンドと
イメージは似ている


爆発
突破

「ここ」ではない「どこか」へ
「ここ」から「あそこ」へ

まだ何者でもない自分から
何者かになった自分へ


そのプロセス時に必要な

自分の行為
自分の行動

それに他ならないからだ


とりあえず
「これ」をやってれば大丈夫

とりあえず
「これさえ」やってれば間違いない


もちろん「これ」の中身
それは人それぞれ違う

そして「これ」とは
心のままにというのとも違う


ただ居心地が良いだけ
ただ気楽なだけ

そういうのと
「これ」は全く違うからだ


かといって

苦手や欠点の克服という
修行人生の定番行為とも

全く違う


『未来に向かう原動力』
『未来を作る底力』

その自分の行為&行動とは
そういう感じだ


自分の内から
エネルギーが湧いてくる

自分の内から
熱が自家発電されてくる


そういう感じの
自分の行為&行動のことだ


そして
その結果が

ルーンの石の意味に繋がるんだ


ルーンでの「X」は
ギフトという意味合いがある


この場合のギフトとは

物質面とか精神面とか
仕事とか人間関係とか
色んな意味合いを持つが


自分を爆発させた後
自分を突破した後

そこで手にするもの
そこで出会うもの

そこにこそあるギフトのことだ


YOSHIKIたちも過去も現在も
たくさんのギフトを受け取っている


「X」というネーミング

これYOSHIKIが最初に
無意識に適当に付けた
バンド名だけど

そこに
無限というイメージが
付随するのも

だから同じような
意味合いなんだよね



爆発後の自分
突破後の自分

そこから先の自分は
ただひたすら

無限に向かって
生き続ける事になるからだ




 

Rihannaと火星力

rihanna-2-600x800

リアーナはカッコいい

カラダ張って
世界と戦ってる感じが


リアーナには
DV被害者の過去があるけど

火星が暴走してる人って
DV被害者かDV加害者になりやすい


火星の力って
日常生活じゃ
使い道がないからだ


いくら掃除しても
いくら祈祷しても

火星の力は
発散どころか
蓄積されるばかり


その状態で
恋愛すれば

その状態で
結婚すれば

だから結果
DVとなる


火星の力は
仕事で使うしか方法がない

もちろん
その仕事も
何でも良いワケじゃない


自分が全力投球できる仕事
自分の全身全霊でする仕事

それのみで

火星はイキイキと
その力をMAXまで
発揮することができる


女は
火星力を
男に投影したら
ロクな事にはならない

女が仕事をする意味は
こういうところにもあるんだ


金とか
名声とか

そんなものが
欲しいからじゃなく


自分の心が
平和であるために

自分の人生が
平和であるために


どうしても
自分の仕事が必要なんだ


ミュージシャンとか
ハリウッドスターとか

金なら
腐るほどあるのに

なんで彼らは
働き続けるかって

そういうことなんだよ


自分が
『自分の仕事』に
集中して生きるから

(=自己表現して生きるから)

自分の心の平和が保たれる
自分の人生の平和が保たれる


そんな火星力のこと

ほとんどの人間は
全く知らず

ただ火星に翻弄され

不幸満載の自分を
トラブル満載の人生を

今も生きているんだ




 

土星に感謝!

saturn_voy2

土星は

夢と理想の具現化に
欠かせない惑星力だ


ゴマとコビで生きてる人が
永遠に夢と理想を実現できないのは
この土星力の欠落にある


かつて虐待親に育てられた人は

親の機嫌だけ取っとけば
夢と理想は叶ったはずだ


親の機嫌が直る
親が機嫌よく生きる

という自分の夢と理想ね


そのノリで
その延長線上で

自分の本当の夢と理想が
実現できるはずなどない


他者の機嫌をいくら取っても
ゴマとコビを限りなく発揮しても

それやればやるほど
奈落の底に落ちていくって

すでに多くの人は
経験済みのはずなのだ


土星は無駄を省く


冷徹と言われようが
残酷と言われようが

自分の邪魔ものは
自分の足を引っ張るものは
自分の幸福実現を妨げるものは

ザックリと
切り落とす


なぜなら
こんなものに
関わっているヒマなど
どこにもないからである


幸福者は多忙なのだ

幸福者は
自分の事で忙しいのだ


自分を喜ばせるために
自分を楽しませるために

自分が本当にやりたいことに
集中して生きることに

とにかく
毎日が忙しい


自分の幸福に本当に必要なもの

それを
木星力で膨張させ


自分の幸福に全く不必要なもの

それを
土星力で排除する


膨張も
大変な作業だが

排除も
大変な作業なのだ


依存関係に苦しんだ人は
そのこと死ぬほど体験しているはず


土星は無駄なく
理想の現実を日々確実に作る

土星は無駄なく
夢の現実を日々確実に作る


土星が凶とか
土星は厳しいとか

そういう解釈をする人は

自分自身が
誰かの足を引っ張り生きて

誰かに切られる側に
生きてるからなんだ


幸福者にとって
土星ほど素晴らしい惑星はない


土星よ!

いつも
いつも

Angelaの人生の視界を

広〜く鮮明に
見通し良くしてくれて

どうも
ありがと〜〜〜


これがAngela流
土星の使い方なり!





新月イメージング2つの世界

Full_Moon_Luc_Viatour-wiki


自分の真の望み
自分の真の願い


それは自分が
楽しく生きてる瞬間に

ホント瞬間に
0.0001秒くらいの瞬間に

ブワって来て
スって消えていく


だから
その中身を
覚えてない事の方が多い


コレ絶対に忘れるからって
そういう瞬間をキャッチできたら
紙に書き残す事もあるけど

この手の望みって
この手の願いって

紙に書き残しても
すぐに忘れるんだよね


次に
そのこと
思い出すのは

その望みが
その願いが

叶ったとき


***

あ〜
そういえば自分

以前
一瞬

このこと
これの実現

望んでたな〜
願ってたな〜

***

という感じで


これが
自分の無意識が成す
願望実現で


かたや

自分の意識が成す
願望実現は

自力ガンガン必要だからさ

自分が
積極的に動かなきゃ
それは叶わない


バッターボックスに立った
バッターが

バットを振りまくって

でも三振じゃなくて
ファールを繰り返して

そのうち
「カチっ」って
バットの軸に
ボールが当たる感触を得る


その瞬間に
分かるんだ

そのボールが
ホームランになることを


自分がジャスト!
自分軸チューニングされて

物事がトントン拍子に
グングン進んでいく時とは

正にこういう感じなのだ


新月のイメージングとは
後者の方だ

新月のイメージングとは
自力の願望実現なんだ
(だからこそ願望実現に自力は必須!)


でも
新月前後は

自分の中の執着心が
最も薄れやすい時期なので


無意識の願望

それが一瞬
見えやすくなる時でもあるから

もし一瞬
見えたら

どこかにメモにして
書き残しておけるといいね





海王星と奇跡の関係

Neptune_Full

Neptune
海王星

Angelaは
この惑星から

たくさんのアイデアと
たくさんのインスピレーションを

日々タンマリと
受け取っている


海王星が提示するものというのは
頭コチコチ人間からすれば

『そんなの無理』
『自分には出来ない』って

一瞬で
速攻で

跳ね返されることばかりだ


でも
それが

無理じゃないんだよな〜
出来るんだよな〜


Angelaの人生は
そういうことばかりを
現実で積み上げてきたんだ



奇跡って

そういうことを
言うんでしょ?



***



だから

奇跡を知らない人には
近づいてはいけないんだ


奇跡を知ってる人だけ
奇跡を生きてる人だけ

自分が関わり生きれば

その人たちは
他者に対しても

無理とか
出来ないとか

絶対に言わないから



無理だよね〜
出来ないよね〜

ってところで
お互いに納得し合う人間関係


これが
これこそが

不幸な人々が
日常的にやってる

「仲良しゴッコ」
ってやつなんだから


つまりはコレ
「足の引っ張り合い」
ってやつだ




キロンという幸福の鍵

30
ホロスコープで使う
小惑星キロン(カイロン)

心の傷は
この惑星で
指摘できるのだが

「あなたの心の傷はこれです」

それで
ジ・エンドじゃなくて


***

あなたは
自分の心の傷を
この人生で
どう使いこなすの?

***

ってとこまで
辿り着かなくてはいけないのだ


キロンが表すのは
だから「魂の仕事」なんだよね

お金とか
社会性とか
全く関係なく

自分の心が満ちる仕事
自分の魂が喜ぶ仕事

それをキロンが
象徴しているから



最終的には

お金のための仕事と
魂の仕事が

完全一致すること


コレが
最も望ましいというか

幸福人生の究極は
ココにあるんだ



だからなのか
どうなのか

キロンのマークって
鍵の形みたいだよね


こっち側(不幸=闇)から
あっち側(幸福=光)へ

その境目に存在する
扉を開ける「鍵」は

キロンが握っている
(心の傷が握っている)
ということなんだ






lunar eclipse(月蝕)

blood-moon-lunar-eclipse-2015

今夜は月蝕ショー!

10
 

「月に願いを」ってのも

その願いは
自分が叶えるものだからね


『自分の本当の願い』


それが何なのか
自分が知るために

それが何なのか
自分で見つけるために

「月に願いを」って習慣が
存在するんだから


宇宙への感謝ってのは
そういうことなんだ


自分の幸福を知る導き
そのキッカケをくれて

お月さま
お太陽さま
(金星や火星や水星や他の惑星たち)

みんな
ありがとー!

って
ことなんだから





蝕期間=冒険時間

25

小さな日蝕(新月)を通過し
大きな月蝕(満月)が未来に待ち受ける

現在は「蝕期間」


新規行動
未知行動

それに対して
心身が動きやすい


つまりは
今がチャンスということ


新規行動や
未知行動で

初めての経験を
もうすでに積んだ人は
きっと少なくはないはずだ


4月4日まで
まだまだ時間はある


勇気を持って
いざ!

新規行動を!
未知行動を!


自分の新規行動こそが
自分の未知行動こそが

自分を
人生を

確実に

新規へと
未知へと

導いてくれるのだからね





《 追記 》

新規行動とは?
未知行動とは?

自分で今まで
「ここまで」と
線引きしていたラインを

乗り越える
飛び越える

そういう自分行動のこと





heliocentric(ヘリオセントリック)

1-heliocentric-universe-copernicus-1543-science-source
ヘリオセントリックという
ホロスコープの形は

通常の一般的に使われる
ホロスコープの形とは違い

太陽を円のド真ん中に位置させ
ホロスコープを作成させるんだよね


ホロスコープも
自分の進化に伴い
それぞれ形を変え
読み取っていくっての

これまたAngela流の
ホロスコープ解読なんだ


最初は普通読み

次は太陽のあるハウスを
自分の第1ハウスにする
(または太陽の位置をジャストASCにする)

その次に
ヘリオセントリックに
読みを変えるんだ


なぜ変える必要があるのか?


自分の手でドンドン
自分の人生を開発していけば

その分

惑星の使い方や
惑星の利用の仕方も

変化させる必要性を
ヒシヒシと感じたからだ


もちろん今は
ヘリオセントリックさ〜

コレに変えて
またまた目から鱗!


自分が持つ惑星力を

何に焦点を合わせ
何に絞り上げ

使いこなし
利用していくか

ヘリオセントリック情報で
より明確になったしね


ホロスコープってのは
いろんな形があり

それを自分流に
進化させることが出来るから

占星術の奥深さ

今また改めて
感じているところなんだ




 

太陽と月の人生領域

Esoteric-Sun-Moon
春分の日は
太陽と月のバランスが
まったく同じ日

人間も
人生も

このバランスが
まったく同じこと

それが幸福の形だ


IMG_1670
ここでまたまた参考書は
桜子ちゃん語録で!

IMG_1672

お金とか成功とか夢とかね
それが太陽の領域だ

太陽を否定すると
お金を否定する
成功や夢を否定する

はたまた女性の場合は
太陽を投影しがちな
男性や結婚を否定する

まあ
それ

否定思考
否定言語

その全部は

単なる「言い訳」
なんだけどね


IMG_1669

お金にはかえられないもの
お金では買えないもの

これが月の領域だ

もちろんこっちも
幸福には欠かせないし

順番的にも
こっちの獲得が先だわね

じゃなきゃ
太陽を先に手にしても

つまりは

不幸なお金持ちや
不幸な成功者や
不幸な恋愛&結婚は

圧倒的に
こっちの月の領域の欠落が
巻き起こす人生事象だからね





出生時の月模様

IMG_1657
これが今朝の月
昨日が下弦の月だったんだ

これからドンドン
月は細くなり

いよいよ
新月に向かう


Angelaは

新月から
というよりも

下弦の月から
元気モリモリ湧いてくるんだ


なぜなら

Angelaの出生時の月は
ジャスト下弦の月だから

つまりは下弦の月が
「自分的新月」なワケだ


そしてAngelaが

目立つのだけど
目立ちたくない

というポジションで
生きる事を好むのも

この月模様だからなのだ


下弦の月のような
満月から新月の間に生まれた人は
縁の下の力持ちタイプなんだ

特に下弦の月は
その力がMAXとなる


表舞台で派手に華やかに
自分を誇示して生きる人は
新月から満月の間に生まれている

特に上弦の月は
その力がMAXとなる


自分の生まれた日に
月がどんな形をしていたのか?

自分で調べたら
またそれも「自分発見」の
いいヒントになるかもよ〜





《 追記 》

それで

Angelaが
生まれた曜日は
木曜日なんだ

木曜日ってのは
木星の支配日だよ

木星ってのは
拡大と拡張の作用がある

だからこそ常に
良い事フォーカスは
絶対必須の基本姿勢なんだ


自分が
何に
フォーカスして
生きているか?


そのフォーカス対象を
無差別に拡大と拡張する

それが木星のチカラだからね



 

土星と子育て

-saturn-a

土星は
無駄を省く

そういう惑星作用を
人間に与える


余計なものを持ち
余計なものを抱え

未来に不必要なものを持ち
未来に不必要なものを抱え

そうやって生きることを
自ら重くして生きる人間に
軽さを与えてくれるんだ


でも

捨てるとか
手放すとか

執着心や依存心が満載な人は

なぜかそこに
痛みと苦しみを付随させる

それも人間が
自らわざわざ行うことなんだ

そこには
そもそも

痛みも苦しみも
微塵も存在していないのに



***



息子が1人
もうすぐ一人暮らしを始めるんだ

え”〜〜〜〜〜〜〜〜っ
寂しい〜〜〜〜〜〜っ

これが正直な思い


でも別に痛くない
でも別に苦しくない

だって本人が
自分で決めた事だ

子供が自分で決めて
自分で結果を出した事

親としては
応援するしかない


応援に
痛みなど伴わないし

応援に
苦しみなど伴わないし


でも・・・
寂し〜〜〜〜〜〜っ



村上龍さんは
こういうタイミングで
ウツっぽくなったらしいからね

ますます自分自身
ますます自分人生

自分で満たすってこと
自分で幸せにするってこと

やってかねばな〜と
思うのであ〜〜〜る



***



占星術における
土星年齢ってのがあって

それは55歳くらいから
65歳くらいなんだ


だから50代とか60代

どんどん若々しく
どんどん元気に
(無駄を削ぎ落として)
なっていく人が
いるのだなぁ〜


Angelaも今まさに
この世代への準備段階なのだ!




《 追記 》

それで
息子の様子は?というと

『余裕だぜ!』
という感じ


フツーは親元を離れると
そこには自由が待っている

でもAngelaのとこは
親元でも自由500%で
彼らは生きている


つまりはだ
自由はすでに在るから

一人暮らしで待っているのは
自炊と家事という新規テーマなのだ


これが本人
『余裕だぜ!』
という態度

今まで
家のこと

ひとつも
やったことないのにー!


まあ
やれるけど
やんなかった

ってだけのこと
なんだろうけどね



下弦の月と語録

IMG_1486
米粒のような
胎児のような

そんな(先日の)
下弦の月の風景

そして
確かに

下弦とは
そういうタイミングだ

・種を蒔く時期
・妊娠中&出産前 

人生の種を蒔く
幸福の種を蒔く

新しい自分を創る
新しい自分を育てる

そういうタイミングだ


***


息子たち語録なるものを

チョコチョコと
記録しているのだが

最近のヒットはコレ ↓


『僕はイヤな事はしたくない』
『僕は我慢が嫌いなんだ』

ブラボ〜〜〜〜〜〜〜っ!!!


さすがは
我が息子たちなり


***


イヤな事して生きたくないなら
好きな事して生きればいいんだ

我慢が嫌いなら我慢しないで
(自由に)生きればいいんだ


そのために
種を蒔く

そのために
自分を創る


人生ってのは
「そのため」にあるんだから


君は
誰もが

「そのため」に
生まれてきたんだから



 

土星の美

-saturn-a
土星が射手座に移動した


土星の
この「わっか」が
意味あるんだろうなぁ〜


Angelaは
土星好きだ

シンプル主義
ミニマム主義

これきっと
土星の性質


ほんの少しの極上

これが
あるだけで十分


モノを捨てるのも
土星の力だ


削ぎ落とす
切り落とす

そして
究極のシンプルになる

そして
究極のミニマムになる


・時間
・空間

これこそが最高の贅沢品だと
Angelaは思ってるからさ


無駄なことに
1秒たりとも時間を使いたくないし

無駄なものに
1ミリたりとも空間を使いたくない


それだけのこと
なんだけどね




《 追記 》

土星が射手座に移動
ちゅーことはだ

自分の身辺
自分の肉体の居場所
自分の目に見える範囲

それ以上に広がる
妄想人生には
ピリオドが打たれる

ということになる


遠くの国の戦争とか
(見ず知らずの人の苦悩とか)

遠くの国の悲劇とか
(見ず知らずの人の悲劇とか)

そんなこと
憂いでる場合ではないぞと


そんなことより

自分の心の戦争を止めろ
自分の人生の悲劇を止めろ

こっちの方が
最重要事項だぞ


とまぁ

こういう方向に
自分と人生を進ませれば


土星のバックアップ
宇宙のバックアップ

それを思う存分に
受け取れるようになるよ! 

ってな感じだな


 

月と土星

45
ちょうど今

月と土星が
合なんだよね

本当は上の写真のように
それなりに距離はあるけど

ホロスコープ上では

団子状態
抱き合った状態

(それも蠍座最後の度数!)


ってことはだ

心(=月)の中にある
余分なものが(=不幸要素)

ザックリと
削ぎ落とされる(=土星) 

という状態を意味する


そして時は
新月直前!

なんとまぁ
素晴らしいタイミングだこと!


年末押し迫って
年始の前に

心の中の大掃除

今こそ
大々的に
やっちまおう〜〜〜〜〜っ!!!



 

チョ〜〜〜〜
懐かしい曲を一発!


君は
愛を信じてる?


愛は
いつだって
自分の心の中にあるんだ

外に投影された愛じゃなく
内に秘めた自分だけの愛を

今こそ見つめて

愛に
生きよう!



 
記事検索
「天使のこころ」


素敵な瞬間
「僕と君と宇宙と」収録


Adobe Readerで読む絵本
「脳内エクスタシー」

無料立ち読み版ダウンロード

「脳内エクスタシー」付録
「こころのごはん」



「天使のこころ」ブログ
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ