生き方

出産の満月

IMG_3598

このコウモリ
蓄光コウモリだったんだ

模様替えで
コウモリを移動して
初めて気がついたの


遮光カーテンで
部屋を真っ暗闇にしていても

このコウモリだけが
ブワ〜〜と暗闇の中で光ってるんだ

さすがは
夜行性のコウモリ! 
上手く作られてるなぁ〜


ところで!

明日の朝
満月なのだけど

満月の頃には
アイデアがモリモリ湧いてくるね


そりゃ〜あ〜もう
モリモリ&モリモリ


新月の頃は
リセット感覚が強いので
アイデア満載〜って感じではないのだが

満月は良いなぁ

出産&出産
また出産ってノリで



***



自分の人生の全ては
もちろん遊びも仕事も

何もかもは
自分のアイデアで成り立っている


だからコレ
この仕組みって

他の人のアイデアを
自分が実行しても
上手くはいかんのよ


こういうことをAngelaは
よ〜〜く知っているからこそ

自分自身のこと
自分人生のこと

誰にも何にも
手出しも口出しもさせない


いや
だから
増々

自分自身
自分人生

上手くいく!


という好循環が
すっかり完成してるんだ


自分の内から
沸き上がるアイデア

コレに勝るものは
他にはないってね



自分って
自分にとって

最強の存在でしょ?



もちろん
自分のアイデアの実行&実現のために

人間関係
人生環境

全てを自分優位に
整える必要があるんだけど〜







 

醜悪から美麗へ

IMG_3595

これは母親にもらった
水晶のブレスレットで

こんな風に
観音様がついている

たぶん関西の
どこかのお寺で
買ってきたものだろう


本気で
ものすごく
自殺を考えていた時

母親が
これをくれた


くれた時には
特に言葉はなかったけど

この時期
その前後あたりで

自殺はするな
自殺はしないでくれ

みたいなことを
軽〜いノリで言われたんだ


ちょうどその時
明菜の自殺未遂事件があったから


自分が今
超ハッピーで生きていても

こういう過去はあるし
こういう過去は消せない


でも

この過去があるから
この過去が消せないから

『自分はスゴい!』 って
今も思えるんだよ


こんな過去の自分から
毎日笑顔の超ハッピーな自分に
『よくぞ自分でなったぞ!』ってね


時々
思うんだ

この幸せは
本当に本物の
幸せなんだろうか?って


でも自分の心の中も
自分の目の前の風景も

どこを
どう見ても

幸せしか存在しない


あ〜〜本当に
自分は幸せを手にしたんだ

って
そのたびに思う



自分が不幸を生きてた時ってのは

タナボタ人生だけを期待して
他人の人生に便乗することしか考えないで


自分を変えよう
人生を変えよう

そんな風に

自分で自分を
動かすことはなかった


依存心丸出しで生きて
執着心丸出しで生きて


でもそれもMAXまで
行ききったからこそ

ガーンって反対側に

生きる方向を
変えることができたんだ


だからさ

男女や親子の修羅場とか
ストーカー行為とか

まあ
そういうネタも多々
聞く機会が多いのだけど


自分も過去に散々
通り過ぎてきたことだから

それに対して
何かジャッジするとか
そういう気もサラサラなくてね



トコトン
自分の醜さを知ったら

もうあとは美方面に
軌道変更するしかないでしょ?






大好きを極める

54eb7e6ba3277_-_01-one-glorious-garden-roses-xln

最近はもっぱら
バラ画像を検索しまくりの日々
(主にはイングリッシュガーデン&ローズガーデン)

3e32395fceb597348f5a47f6fa0309aa
2cb6d5ce6c07961767303f26f1e0c534
3644450445ba5085aa9f0a5975ea95c4
IMG_8770

今から
こういう世界観を目指して

完成は果たして
何年後になるのか???


それにしても
バラの世界も奥が深い


その奥を掘っていくと
必ずそこには先駆者がいて

先駆者から
自分は学び

そして自分もまた
そのうちに

伝える側になる
教える側になる


楽しいね〜

好きなことを
探求する人生ってのは


そして

こういう道のりに
ハマっていくたびに


自分は何も知らない

自分の知らないことが
この世には山ほどある


ということを
痛感していくんだ





 

不満から満足への具体的作業

IMG_3543

現実逃避から
着地するためには

自分の現実を
直視する必要があってね


自分の現実ってのは

自分の部屋の風景のことであり
鏡に映った自分の姿のことを言う


自分の部屋に
不満があったら

自分の部屋を
満足のいくものにする

自分の姿に
不満があったら

自分の姿を
満足のいくものにする


コレ
自分以外の
誰がしてくれる?

誰もしてくれない
自分しか出来ない


『 不満 → 満足 』 


自分を取り巻く
生活の全て

自分を取り巻く
人生の全て

自分だけが
この作業が出来る唯一の人間だ


現実に向き合うとは
まずはここから着手する


自分が変わる
人生が変わる

その第一歩も

ここからしか
始まらないんだから



 



《 追記 》

自分の部屋の風景とは

私生活のことだけじゃなく
仕事場のことも言うんだよ


自分が
いつも
居る場所

自分が
いつも
見る風景

そこが
不満なら

そこを
満足に変える



自分がいつも目にする目の前の風景が
(風景の中には人間も物質も会話内容なども含まれる)

1日中ず〜〜っと
1年中ず〜〜っと

満足のいくものであること


これが現実的な幸福生活のこと
これが現実的な幸福人生のこと


時間の経過で
あっけなく消え去る
現実逃避による非現実的な幸福感とは

それは全く
種類の違うものなんだ





 

イメージの鍛錬と強化の結果

IMG_3541

『イメージの力』って

筋肉のように
鍛えられるものなんだ


何十年前には
イメージったって
霞のようなイメージしか
持つことが出来なかったけれど

今ならもう
バシっとね

まるで絵を見ているかのように
まるで映像を見ているかのように

アリアリと細部まで
イメージを見ることが出来る


自分作り
人生作り

まずはイメージありき


イメージ通りのものを
自分の目の前に構築していくために

必要なものを
そこに移動させる

必要なものを
そこで獲得する


最近また部屋を
地味にリニューアルしていて

壁のある1面
飾りの全部を取っ払って

真っ白な何もない壁を
ジーーっと見つめていたら

そこから浮き出てくるように
『新しい壁の絵』が見えてきて


あとは
見えた絵の通りに

物質の移動
物質の獲得



いざ
それが完成すると

本当に
1ミリも

自分が見たイメージと
全く違わない風景が

そこに
バーン!と
完成するんだ


この時の
自分の心境は?と言えば


気持ち良い達成感
心地よい満足感

あとはね

これが普通
これが当然

という
違和感ゼロの体感ね



違和感ゼロ=

自分の心の風景と
ズレのない人生の風景



このズレの修正とは
自分チューニング作業と同じく

人生風景でも
ちょくちょくやり続ける作業なんだよ






間違ったコミュニケーション能力獲得法

04

コミュニケーション能力って
対人関係の形成に欠かせないことだけど

コミュニケーション能力を磨こうと

誰とでも付き合う
沢山の人と付き合う

ってな方向に
いくら生きても

コミュニケーション能力なんて
一向に磨けないから


コミュニケーション能力とは

「対 自分」
ここに向き合ってこそ
初めて獲得可能なんだ


「対 他者」に対してと
「対 自分」に対してと

人は皆
同じことをするからだよ






自分が成長できる環境づくり

IMG_3534

あんなに小さかった「お子」たちは
もう「お子」に見えないほどデカくなり

でもまた次々に
新しい「お子」が生まれ続けている


この植物

なんでこんなに
急成長してるかっていうと

春先に器を
一回りデカくしたんだよね

もちろんその分
土も新しいの足して


そしたら
こんな大展開が巻き起こったんだ


でね
これも

人間と
人生と

同じなんだよ


***

自分の器になるもの

=他者
=仕事

***


この場合の他者とは
自分の身近な親しい他者のことだ

親とか
友人とか
恋人とか
配偶者とか

この他者が
「窮屈な器」だと
自分は成長しない

ここまで!ってガツンと
自分の成長が制限されるから


この状態から
自分の器を大きくするとは

親や友人から離れることを意味し
恋人や配偶者と別れることを意味し


そしたら
こんな風になるのよ

自分の成長の制限枠
それがパーン!と外れるから

自分は続々と
新芽を出し始める



かたや

親や友人や
恋人や配偶者が

元々
デ〜〜〜ッカイ
器の持ち主ならば!

自分はノビノビと

どこまでも
どこまでも
成長できる


こういう場合は

離れたり
別れたり

そういう作業を
しなくてもいい



仕事の器ってのは
これは誰もが感じたことがあるはずで

セコイ仕事してたら
自分もセコイままだし

仕事で大冒険したら
自分も飛躍できるし



いわゆる「縛り」
それが「器」のことになるんだ




 

脳内カオスと脳内瞑想

51

コイツは
子犬なのに

静かで
穏やかで
おとなしい


お気に入りの玩具を
自分で選んで

ひとりで黙々と
ご機嫌にずっと遊んでいるか

あとは
そのまま
遊びながら

玩具と一緒に
眠ってしまっているか


家の中で
イタズラも悪さも一切せず

外で他の犬に遭遇しても
飛びかかったり吠えたりも一切せず


犬は飼い主に似る・・・って

まあ
そうだろな



Angelaの脳内は常に瞑想状態で
シンと波風の1つも存在しない



脳内が
ダメ出しの嵐で

脳内が
バッシングの嵐で

そんな脳内カオスの状態と
こんな脳内瞑想状態とでは

生まれてくる発想自体が
全く違うってことは

想像がつくかな?






 

自分が食べる情報内容に気をつけろ!

44


自分が
何かを食べるとき

自分が
何かを飲むとき


自分が
何を見ながら
それを食べてるか

自分が
何を聞きながら
それを飲んでるか


実は
その「何」は
自分が摂取する
「食べ物」になるんだ


まさか
テレビのニュースを見ながら
なんか食べてないだろうね

まさか
ネットのニュースを読みながら
なんか飲んでないだろうね


ネットだろうが
テレビだろうが
週刊誌だろうが
新聞だろうが

世のニュースってのは
暗黒話が満載で

んなもの毎日せっせと

食べたり
飲んだりしてたら

心身が不調になるなんて
当然のことなんだよ


ニュースだけじゃない
誰かとの会話の内容も大事だ


誰かの愚痴と一緒に
何かを食べたりしてないだろうか

誰かの悪口と一緒に
何かを飲んだりしてないだろうか


それもまた
自分の「食べ物」となるんだよ


自分が
何かを口に入れる時

その時
自分が

何を思っているか
何を考えているか

その思いも
その考えも

自分の「食べ物」となる


自分が食べたもので
自分は作られる

自分が食べたもので
自分の未来は作られる


自分が何かを口にする時
自分が一緒に摂取する「何か」


それを
良いものにすること

それを
美しいものにすること


自分の良い未来も
自分の美しい未来も

こうやって
作られていくんだからね






《 追記 》


この仕組みを
上手に人生に活用するのなら


自分が心底
自分の奥底に
染み込ませたい情報こそ!

何かを食べながら
何かを飲みながら

摂取していけばいいんだよ〜



 
 

泥から美へ

IMG_3501

すごいでしょ?

茎から生まれた
子どもたち

たった1日2日で
こ〜んなに大きくなりました!


***


ところで
泥の話とは何ぞや?ってね

攻撃と罵倒の言葉ってのが
泥の代表的なものとなる


声に出そうが
文字で書こうが
心で思おうが
脳で考えようが

他人を攻撃して
他人を罵倒して
自分は他人にせっせと
泥を投げつけてるつもりでも
(他人の顔に泥を塗ってるつもりでも)


実はそれって

自分の顔に
自分で泥を塗っている

という行為になるからだよ


だから他人を悪く言う人ってのは
顔がドンドン泥まみれになっていく

イコール
ドンドン醜い人になっていく


もちろん
他人相手じゃなくても

自分で自分を
攻撃し罵倒しても
やっていることは同じ

自分の顔が泥で
厚塗りされていくだけなんだ


仮面ってのはね
こうやって完成されていくんだよ

仮面とは
建前仮面のことだ


だから

自分の顔を
美しくするためには

自分の顔から
泥を洗い流すためには


自分が自分そのままで
健やかに幸せに生きていくためには


他人に対しても
自分に対しても

攻撃と罵倒の一切の言動を
スパっと止めることなんだ


それからだよ

スキンケアとか
メイクアップとかの

装飾の段階に入るのは



癒しとか
心のケアとか

それは

自分装飾
人生装飾

その準備段階であって
人生のメインじゃない


毎日
ゴミを撒き散らして

毎日
ゴミ掃除をして


そんなことだけで日々を
繰り返して生きてても

「次の段階」には
いつまでも行けないよ

ということだ


 



《 追記 》

泥とは他には

嫉妬や羨望
怠惰や落ち込み

というのもあるのだけれど
これは

ヒマだから
そうなる

ということなんだよ


ヒマってのは
何もやることのない人って意味だ


自分が
楽しくなることを
しないからヒマ

自分が
幸せな気分になることを
しないからヒマ


自分の未来のために
今の自分を活かせてないからヒマ
 

ヒマな人が
芸能人ネタや
ワイドショーネタで
ヒマ潰しをする

そういう
圧倒的多数の人の生き方に
自分を同調させないで

自分は
自分の生活と人生に
集中して生きれば

ヒマなんて時間

これっぽっちも
発生すること
なくなるんだから




 
 

究極の自問自答

IMG_3462

あさって
日曜日が新月なんだけどさ

満月から新月までの間は
「お片づけ期間」ってことで

今週は大量のゴミ出ししたぞー
もちコレ物理的ゴミ出しね


燃えるゴミも
燃えないゴミも
出し尽くした感アリ!


Angelaの部屋とか家の中には
ゴミなど1つもないのだけれど

物置の中が
カオスだったのだ

が!
今は物置の扉を開けて
ニンマリするほどスッキリさぁ〜


こんな物理的なこともやりつつ
同時に驚きの情報も飛び込んできた

まずは
大好きなディスクジョッキーさん

ここ数ヶ月
ラジオを聴いてなくて
久しぶりにスイッチを入れたら
人が替わってる〜〜〜〜〜〜!

マジか?
休暇か?

と調べたら3月で
担当が替わっていたんだ

息子を駅まで送る朝に
毎日のように聴いていた
なつかしい素敵な思い出を
た〜〜〜くさん作ってくれた
大好きなディクスジョッキーさん

そう
あの朝の習慣は
もう今後二度と経験できないんだ



そして
ほぼ同時期に

息子たちが赤ん坊時から
ず〜〜〜っとお世話になっていた
ホームドクターの先生が
亡くなっていたことを知った

72歳

ってことは
初めて先生と出会ったのが
20年前だから

あの時で先生
52歳だったんだ!

ご子息が
病院を引き継いで
1ヶ月も経たないうちに
突然亡くなられたそう


うーん・・・
時は確実に流れている・・・


ディスクジョッキーさんは
他の番組もあるから
まあ良いとして

ホームドクターの死に関しては
思うことがたくさんある


自分も
20年後には
もう生きてないかも!


この思いが

一番
強かった



***



今までもAngelaは

『いつ死んでも良い生き方』
(=後悔のない生き方)

っての
心がけて生きてきて


やりたいことなら
全部やってきた

ほしいものなら
全部手に入れてきた


だからもう他に

やりたいこともないし
ほしいものも何もない


この状態って
『なんて幸せなんだ!』って思って
毎日を生きている


それでも
自分の寿命が
あと20年しかないとしたら

やっぱりまた
深く考えるんだよね


他に
やりたいことはないか?

他に
ほしいものはないか?




今から数年くらい前
私物の整理整頓を始めて
その作業も終わったんだけど

そこで今まで手に入れた
「一生モノと決め込んだ」
洋服やバッグやアクセサリー
ほとんど売っぱらったんだよね


ほしいものを手に入れた経験
ほしいものを使い込んだ経験


それは
自分の心の中で宝物として
いつまでも生きているけれど

物質としては
もう要らないなと


たくさんある
『大好きの中』で

たくさん持っていた
『大好きの中』で

究極の1番を
そのとき厳選したんだ


だから今
自分が持っている物は
究極の1番しか存在しない


この状態で
あと20年の人生時間があるとして


他に
やりたいことはないか?

他に
ほしいものはないか?


この自問自答を

それ以来
毎日

繰り返しているんだ





自分行動が習慣化され成功結果に繋がる理由

1
第2子出産後から半年
よくここまで体型を戻したぞ!

2
もうほとんど出産前と
なんら変わりないボディライン
 

彼女には
こういうイベント出演とか
着なければいけないドレスとか

痩せる目的が
明確だからね

だから大成功するんだよ


ダイエットに失敗する人ってのは
ダイエットを目的にするから失敗するんだ

ダイエットした後に
何がある?

目的設定ってのは
そこだからさ


早寝早起きも
心身の健康に良いのは
誰もが知っていることだけれど

これもまた
早寝早起きが目的になれば
早寝早起きの習慣は身に付くことはない



早く起きて
何する?

目的設定は
ここにある


痩せた後
早く起きた後

その後に何か
『自分だけの楽しい目的』
これがあるからこそ

自分行動に成功結果が
もれなくついてくるんだから






《 追記 》

だから
この考え方は
全てのことに当てはまり


お金がたくさん欲しい
と思っている人は

お金をたくさん持つことが
目的ではなく

お金をたくさん使って
何を買う?

というところが目的なんだ


恋愛したい
結婚したい

という人は

恋愛や結婚が
目的ではなく


恋愛したら
自分は自分のために何をする?

結婚したら
自分は自分のために何をする?

ということが目的なんだよ


恋愛しようが
結婚しようが

自分1人の時間
自分1人の人生

その部分はずっと
継続中になるワケで


自分の全時間
自分の全人生

それがいつも恋人や配偶者と
一緒ということではないからだよ





高度な美/高度な幸福

アレッサンドロ・ミケーレ
アレッサンドロ・ミケーレの話を聞いていて

カール・ラガーフェルド
カール・ラガーフェルドの仕事ぶりを見ていて
 
イヴ・サン=ローラン
 イヴ・サン=ローランの生き様を知って



彼らは3人とも
ファッションデザイナーなんだけど

「洋服を作る」
というより
「アイデアを生む」

そのことに
喜びを感じているというか

それが彼らの
魂の仕事なんだと知った



布を切るとか
布を縫うとか

そんなことよりも

イメージ
ビジョン

何もないところに
それを生み付けること

これこそが
彼らにしか出来ないことで


そして
ファッションの世界では

イメージも
ビジョンも

こうでなければいけないとか
ああでなければいけないとか

制限など何ひとつとしてなく


自分の「狂気」を
そこで描き出したとしても
それは「美」にしかならない

というところが
ファッションの偉大さなんだ


ファッション
そして
音楽もだな

この世界では

自分が自分の
狂気を発露すればするほどに

それは高度な美(作品)へと昇華される




***




キレイごとばかりを言う
いい子ちゃん人間が

見た目も中身も
全く美しくないのは

自分に内在する狂気を
「無視して」生きてるからだ


そしてもちろん
暴言と暴力で生きる虐待人間(=犯罪者)が

見た目も中身も
全く美しくないのは

自分に内在する狂気を
「無自覚のまま」に生きてるからなんだ



内在する狂気

それを無視せず
それを自覚して


狂気を美にするために
自分には何ができるのか?


この答えこそが

この上なく美しい人生を
つまりは幸せな人生を生きる道となるんだ






理想を追求する集中力

IMG_3383

自分作りも
人生作りも
環境づくりも

ちょっとでも妥協したら

そこで
それは一気に
つまらないものになるからね


そりゃあ
もうトコトン
自分の理想を追求する


自分は何が好きなのか
自分は何を求めているのか

自分の快は何か
自分の幸せのツボは何か 
自分の喜びのポイントは何か


ありとあらゆる美情報を

感覚的に
視覚的に

五感で収集しまくって

いろんな人や
いろんな物を

参考にしながら

自分なりの答えを
時間をかけて弾き出す


この時の
自分の集中力ったら
もうハンパないよ〜〜


余計なこと
考えてるヒマはないし

くだらないこと
考えてるヒマもない


答えが出たら
それの実現に向かって行動して

いざ理想が目に見える形になったら
また次なる新しい理想を追い求める


こういう
集中力の繰り返しは

結局やっぱり

自分と人生の
どこをどう切り取っても


余計なこと
考えてるヒマはないし

くだらないこと
考えてるヒマもない



いきなり壮大な理想を掲げるんじゃなくて

今の自分で
今日の自分で

「出来る範囲」で

誰でも
やれることなど
山ほどあるはずなんだけどね





 

変人街道まっしぐら

IMG_3371

カラーレス
アイメイクに欠かせない
シャネルのアイシャドウ


カラーレス
アイメイクってのは

もう何年も前から
言い続けてることだけど

今時のメイクの記事を読むと
同じ発想の記事があったりしてね

やっぱプロも
同じ事を考えるのね〜と


もちろん
この発想は

アラフォー
アラフィフ世代の
メイクのことだよ


こういうのと
同じようなことが
ファッションでもあって

Angelaが
ガウチョパンツに
ハマってるんだーって
記事を書いてた時には

ガウチョパンツなど
流行のカケラもなくて
ガウチョパンツを探し出すの
そりゃもう大変だったんだから


そして
数年後

ガウチョパンツの
大流行が起る


マキシ丈スカートも
同じようなことがあったし

黒髪もそうだ
太眉もそうだな
重め髪型もそうだ!


自分の気分が
後の流行になるって

な〜んか
変な感じするわ



これって

世間から見ると
流行ドンピシャな人間ではないんだよね


結局
いつも常に
流行からズレている

流行の先を行こうが
流行の後を行こうが

ズレてるってとこは同じということで


へそ曲がりというか
あまのじゃくというか

つまりは
やっぱり変人なんだな〜自分






「ひらめき」の具現化

IMG_3357


黄色だーーーーーーーっ!

というのが
ある日突然ひらめいた


ただしそれは
住居空間の差し色としての
テーマカラーであって

自分が身につけるものの
差し色としては今
赤が来ている


「ひらめき」が来れば
あとはそれの具現化だ


「ひらめき」の具現化

この作業が
超楽しい作業なんだよ






 

かたつむり宇宙

IMG_3344

昨日から今日にかけて
「かたつむり」
大量に見たぞー!


「かたつむり」の
グルグル模様

これこそが
宇宙そのもので


自分の宇宙を持っている
「かたつむり」は

それでも
その宇宙から

頭を出して
体を出して

あっちへと
こっちへと

自分の宇宙を
自分で移動させる


これもまた
人間の理想の在り方を
「かたつむり」が具現化していて


自分の殻
自分の宇宙

そこに閉じこもることは
確かに悪いことではない


だって

自分の中にこそ
『全て』があるから


でも
それだけじゃね

自分の世界は広がらないし
自分の幸福も広がらないんだ


自分の世界は
自分の宇宙は

まずは最初に
自分の中で完成させる


自分の楽しみも
自分の幸せも

まずは最初に
自分の中で完成させる


その後にやっと

自分は
自分の楽しみで
他者と繋がれる

自分は
自分の幸せで
世界と繋がれる


この繋がり方では

他者嫌悪や
世界嫌悪など

どうやっても
なりようがないんだよ



 
 

幸せな心状態とは落ち着いて静かな心状態のこと

IMG_3303

欲望ってのは
満たされたら

心が落ち着くものなんだ
心が静かになるものなんだ


だからこそ

自分の心を落ち着かせるために
自分の心を静かにさせるために

自分は自分の欲望を満たす必要がある


でも
長年

自分の欲望を封鎖して生きてたら
自分の欲望を封印して生きてたら

自分が自分の欲望に
気づくこともないんだ


そしていざ
自分の欲望に忠実に生きようとしたら

その欲望は
自分の心からの欲望ではなく

他者や世間が発する欲望を
自分の欲望と勘違いしてしまう


他者の欲望
世間の欲望

それをいくら
自分が満たしても

自分の心は落ち着くことはない
自分の心は静かになることもない


これは
物や人にも言えることで

なんかスゴい物を
自分が手に入れても

とても素敵な人と
自分が繋がれても


自分の心が落ち着かないなら
自分の心が静かにならないなら

その物も
その人も

自分の心からの欲望ではない
ということになる



他者が
どんなにスゴい物を持っていても

他者が
どれほど素敵な人と繋がっていても

羨ましいとか
妬ましいとか

そういうことを一切
感じることがないのは


自分の欲望
自分だけの欲望

それが何なのか
自分でちゃんと分かっていて

自分の欲望に忠実な物を手にしていて
自分の欲望に忠実な人と繋がっているから


雑音感情が
1ミリたりとも
発することなく


いつも
落ち着いた心で

いつも
静かな心で

他者に対しても
世間に対しても

向き合うことが
できるようになるんだ








自分の生きる方向性を教えてくれる人

ギョル・スミス

これも
なかなか
カッコいい

ギョル・スミスとは
ウィル・スミスになりきる
さかなクンなりっ!

83af4ea2
 
確かに
さかなクンとウィル・スミス
顔ソックリやわぁ〜

02fccfe7c2d0ef535217909dfb31e74a34b3452f

黒塗りすると増々
さかなクンってホント
日本人っぽくないルックスだ


 
***



さかなクンは
大好きな人で

自分の大好きな人ってのは
自分のインスピレーションの源で

だから

さかなクンの生き様を見ていると
気づくことが山のようにあるんだ



今回も色々You Tubeで
さかなクン映像を見まくって

自分の生きる方向性っていうのかな
そういうのがメキメキと明確になったわぁ〜




 

レアな魔法の実践者

IMG_3312


他人は
自分の思いどおりには
決して動かないものだけれど

それ以外のことは
何でも

自分の思いどおりに
動くものなんだ


でもそういう
『人生の魔法』すら

他人を
自分の思い通りに動かそうと

ただそれだけに
自分の全人生時間を消費していたら

死ぬまで
気づくこともない


気づかないってのは
宝の持ち腐れっていうか

ホント
もったいないな〜と


今を生きる
全人類の中で

このことに気づいている人は
魔法を実践しながら生きてる人は

いったい
何パーセントくらいなのかな〜?


それがいわゆる全人類の
幸福人口のパーセンテージになるんだ






《 追記 》

他人を自分の思い通りに動かすとは


好きになって欲しい
愛して欲しい

認めて欲しい
分かって欲しい

優しくして欲しい
親切にして欲しい


などなど
これ全部は

自分が自分に
「してあげること」であって

自分が他人に
「してあげること」であって

自分が他人に求めること
ではないのだよ



 
 

本心が顔に出てるのを知らないのは本人のみ

IMG_3282

犬でも
撮る人間によって
顔の表情が違うのだ

これは息子がカメラマンの図

めずらしく息子に対し
犬がカメラ目線

でもかなり
緊張感がある


いつもAngelaが見る
犬の顔とも

いつもAngelaに見せる
犬の顔とも

やっぱどこか
違うんだよなぁ


犬でも
こんだけ違うんだから

人間がいくら
上っ面を誤摩化しても
心は必ず顔に出るからね

好きな人を見る自分の顔と
嫌いな人を見る自分の顔と

全然違うことを
知らないのは本人のみ


そして
別にこれ

人間相手じゃなくてもさ


何かを『好き好き〜』って
生きてる人の顔がキラキラと輝いていて

何かを『嫌い嫌い〜』って
生きてる人の顔がドンヨリと曇ってるのは


だからもう
当然のことなんだよ





誰かや何かの役に立つ人間になりたいならば

IMG_3196


他者や世の中の
「役に立つ人間」ってのは

元気がある人
体力のある人
お金のある人


あとは

知名度があって影響力がある人も
知名度や影響力の使い方次第では
「役に立つ人間」となる


この世で
最も役に立たない人間が

1日中
テレビばっかり
見ている人だ

もしくは

1日中
ネットばっかり
漁っている人だ

もしくは

1日中
他者の人生を
追いかけている人だ


こういう風に
大災害とかあると
そういうニュースを
ず〜〜〜〜っと見ていて

心を痛めたり
祈りを捧げたりね


でも
そんなもんクソ!
な〜んの役にも立たないから


心配とか
祈りとか

この世で
これほど役に立たないものはない


自分が本当に誰かや何かの
役に立つ人間になりたいのなら

自分が元気になるか
自分が体力をつけるか
自分がガッポリ金を稼ぐか
自分が知名度や影響力を持つか

つまりは

・自分が健康になる
・自分が幸福になる

コレしか
道はないんだから




 
 

震災復活組は心機一転の幸福をゲットする運命なのだ

__B__400x400

ネット活動を開始して
今年で12年目

今では日本各地に
心を通わせた人々が存在する


ということは
日本の何処で何が起っても

もう全然
人ごとではないんだよ


ただでさえ
地震は人ごとではないのに

そういうことに
なってしまったんだ


自分が出来ることは
ネットで瞬時に繋がれること


ネットは
いつの間にか
ライフラインの1つになったんだな




《 追記 》 

Angelaは
何かと先駆者なんだけど

まさか震災被災者としてまでも
先駆者の道を歩むことになるとは

20年前には
想像もしてなかった


震災復活組は

心機一転の幸福を
ゲットする運命なんだぞ


なぜなら
震災で失ったものは

目に見えるものも
目に見えないものも

その後の自分の未来に
その後の自分の幸福に

な〜んも必要のないものだからだ





奇跡を生きてることを忘れたことがない

IMG_3234


今日という日が
来ることが奇跡だし

明日という日も
来ることが奇跡だし


という感覚は

1995年以来
1日たりとも忘れたことがない 


でも普段から
のほほん〜と生きてる人は
そんなこと考えたこともないんだろうね


だからこそ
1日を無駄に過ごし

だからこそ
奇跡の瞬間にも気がつかない


人と争うことに
人生を消費して

人を傷つけることに
人生を消費して


そして

私は一体
何のために生きてるんだ?って

考え
悩む


人と争うヒマがあるのなら
他にやることあるやろ

人を傷つけるヒマがあるのなら
他にやることあるやろ


Angelaには

そんな
『くだらないこと』
してるヒマは

1秒たりとも無いし


考える前に
悩む前に

自分の体が
スイスイと軽やかに楽しく
動くことだけに人生時間を消費して

生きる手応えを
日々感じている




 
 

震災経験者の常識

32

夜の地震も怖いよな

Angelaは
震災体験してから
『いかにも寝間着』では
落ち着いて寝れないから

そのまま外に出られる格好
(100%ユニクロだけど)
これで寝るのが必須となっている


いつ
何が起るか
分からない

という生きる姿勢は
もう死ぬまで変わらんだろう


風水とかで

バッグを休ませるために
バッグの中身は1日の終わりに
空っぽにしましょう〜とかって

書いてあるの
どっかで見かけたことあるけど


アホか!
って思ったからね

そんなことしてたら
緊急時に貴重品をすぐに
持って外に出られんやんか!


貴重品は

家にいるときも
寝るときも

常に1つのバッグに
キレイに収めておいて

バッグを持ち変える時だけ
中身をゴロっと丸ごと入れ替える

コレ
震災経験者にとっては
常識中の常識だ


これだけじゃなくて風水って
突っ込みどころ満載なんだけど

財布や手帳は
毎年新品にするとかさ

一生モノを手にしたら
そんなことする必要性を全く微塵も感じない


風水の起源と
そんなコト細かなこと

ホントは
なんも関係ないはず

なんだけどな






自分の愛し方を知らなくて他者を愛することは出来ない

IMG_3145


自分を
愛して
生きる


ホントに

ただただ
それだけのことなんだ


自分を
愛して
生き始めた人は

毎日が楽くて
毎日が幸せで


自分の楽しさを
自分の幸せを

自分1人で味わうだけなんて
なんかとってももったいなくて


だから他者と出会おうとするんだ
だから他者と繋がろうとするんだ


こうやって
出会った他者は

こうやって
繋がった他者は


ますます自分を楽しみを増幅させ
ますます自分の幸せを増幅させる


自分を中心に
広がっていく楽しみ

自分を中心に
広がっていく幸せ


そう
それらは

楽しい自分
幸せな自分

その中心があってこそ
可能な在り方であり生き方なんだ






《 追記 》

だから

「自分を愛するって何?」
ってところで

ズドンと立ち止まる人は

「誰のことも愛せない」
「誰のことも愛したことがない」

ということなんだよ




一生モノ=死ぬまで愛し続けるモノ

90s-throwback-johnny-depp-kate-moss-26

ケイト・モスとジョニー・ディップ

このカップルの風景を見ると
「ザ・90年代」と思う


80年代も
ずいぶん遠い過去に
なってしまったが

90年代も
こうやって見ると
すっかり遠い過去なんだな


でも年齢を重ねることには
『良いこと』もタンマリあって

Angelaが
一番実感するのは

『自分が好きなもの』に
自分が似合うようになってきた
ということだ


若い時には
人生経験が少ない時には

それが似合わない
それを使いこなせない

そういうものが

今だからこそ似合うし
使いこなせるようになった

と感じる


長生きするメリットというか
生きる醍醐味というのは

こういうところにも
あったんだな


と思うのと同時に
自分は若いときから

最初っから
昔から

本物狙い
一生モノ狙い

だったということにも
改めて気づかされた


雑魚には
偽物には
1ミリたりとも目もくれず

ただひたすら

大物を
本物を

超一流を
一生モノを

追いかけ
追いかけ

生きてきたんだ




 
《 追記 》

ホントはステーキが食べたいのに
とりあえずハンバーガーで腹を満たす

この繰り返し
この生き様の繰り返しでは

一生かかっても
ステーキを食べることには至らない


ということと
同じなんだよ

仕事も
恋愛も
結婚も


目先の欲望
安易な欲望

それに
飲み込まれることこそが

この世にはびこる
「不幸の罠」なんだから




 

隣の芝生は青くない

IMG_3200


隣の芝生は青くない

隣の芝生なんて
ぜーんぜん青く見えない


自分を生きるって
自分の人生を生きるって
そういう特典があるんだ


でも

他者から見て
世間から見て

スゴいね
って言われてる人でも

自分を生きてないなら
自分の人生を生きてないなら

いくらその道で自分が
どんどんスゴくなっていっても


ずっと死ぬまで
隣の芝生が青く見えて

いつまでも
幸福感を知り得ない人生


な〜んてことに
ならないように


他者視線で生きる自分は
世間視線で生きる自分は

なるべく早く
軌道修正すべし

なんだよな






 

注)隣の芝生が青い
何でも「人のもの」が良く見える

紳士な伝道師を見て思う

Dressed-Well-Man-002

きのう家に来た『伝道師』は
まるでこんな風貌の老紳士
(日本人だけど)


今まで来る人とは
今まで見た人とは

ファッションが
全く違ったー


冊子を詰め込んだバッグも
安物の適当なバッグじゃなく
キチンとした正統派のブリーフケースで

一瞬「おっ?」と思ったが
もちろんそれは一瞬で終わった

毎度のことだが
最初の一言が
良くなかったんだな


***

こんな時代
人間関係にも
いろいろ悩みがあるでしょうが

***

ときたもんだから


無いし
そんなもん

人間関係
別に悩み事なんか何にも無い


そもそも

人間関係の悩みってのは
親問題の悩みのことであって

他者ってのは
何の関係もないんだよ


人間関係問題=親問題


親との暗黒の関係性を
「目の前の他者を使って」
死ぬまで延々と繰り返すのが
不幸を生きる人生パターンで

親問題にケリがついたら
自分の人生の人間関係ってのは

見違えるように違う世界が
パ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜っと
広がっていくようになるんだから


親問題にケリがつく
それがイコール

『自分の家庭を持つ』ということなんだ
(もちろんコレ自分好みの幸福の家庭だ)


負は勝にして
ナンボのもん


最高最大の癒しってのは

誰かに自分が
「癒される」ことではなく

自分が誰かを
「癒す」ことなんだよ


自分が
して欲しかったことを

自分が
されたかったことを


自分が
他者に
する


その相手が

自分の配偶者であり
自分の子供なんだ


プラマイゼロってのは
そういうこと


自分の人生の欠落を
自分が他者に「すること」で

自分は補われる
自分は満たされる


なぜか知らんが

人間とは
人生とは

そういう仕組みになっているんだ





《 追記 》

自分が欲しかったもの
自分がされたかったこと

自由
解放
開放
愛情
静寂
平穏

それを
家族に与える


すると
ぐるりぐるりと巡り廻って

今はAngelaが日々それを
家族に与えてもらっている 





他人の不幸を願う人

IMG_3194


『他人の不幸を願う人』

イコール

『自分の不幸を願う人』


この場合の他人とは
芸能人でもそうなる

誰が相手だとか
全く何の関係もないんだ


自分が自分の思考と感情を使って
誰かの不幸を一瞬でも願う行為が

それ
そのまんま

自分の不幸を願うことに
ビシっと繋がっていく


怖いよね〜


こういう人生事実を
知っているなら

こんな恐ろしい呪い
自分で自分にかけないから


そもそも!

好きの反対語は
嫌いではないし〜

好きの反対語は
無関心だ


自分が無関心な人に
「不幸になれ」なんて
自分は必死に願ったりしないでしょ?



もちろん

口先だけで
「あなたの幸福を願っています」
という人も

自分の幸福も
口先だけのものになるから
決してそれも現実化はしません


注)不幸を願う心とは
嫉妬や嫌悪の感情も含まれる





愛情を持って自分を育てるということ

IMG_3148

自分育てとは
自分自身を自分の子供にみたてることだ


自分の子供を
愛情を持って育てるように

自分自身を
愛情を持って育てる


愛情を持って育てるとは
「良いところ」を
まずは見つけてあげることなんだ

そして次に
「良いところ」を
伸ばしてあげることなんだ


こういう育て方の中には

欠点の指摘もないし
弱点の指摘もない


なぜなら
欠点も弱点も
 
「良いところ」が
グーーンと伸びていったら
目立たなくなるからだ


目立たない=見えない=無いに等しい


この生き方は
欠点の克服でもなければ
弱点の克服でもない

でも

結果的には
見た目的には

そうなる


かたや
「良いところ」探しもせず
「良いところ」伸ばしもせず

欠点の克服
弱点の克服

それだけに
一生懸命に生きてる人は


さて
その生き方で
結果は出ましたか?


何年
何十年

そんなことに費やしていても

欠点は一向に克服されず
弱点も一向に克服されず

同時に自分の
「良いところ」も知らずに

だから自分の
「良いところ」は伸ばせず

ただ時間だけが
垂れ流しの水のように
過ぎていっただけのはずだ


生き方の結果とは

正しいか
間違ってるか

そんなことではない


幸せか
幸せじゃないか

人生の結果とは
ただそれだけに尽きるんだから




 
 

レアで貴重な人生時間

69-66
サンローランのショーでの
めずらしい2ショットだ


ジェーン・バーキン69歳
アナ・ウィンター66歳

2人とも
「自分らしい」スタイルを
貫いて生きてる人だよね

それはファッションも
それは生き様も


このくらいの年齢になると女も
「ひとり」に戻るからね

過去にパートナーが居ても
離婚したり死別したりして

でも子供がいれば
家族という形は残るんだけど


男女関係って
そういう意味では

人生の中の
ほんの一過性のものっていうか


だからこそ

他人である男女が
一緒に生きる時間というのは
レアで貴重な人生時間なんだよな





心に効くメディスン

IMG_3104

これは
『トトロのスノボ』
ではありません

Angelaのギブスさぁ

去年の足の骨折に引き続き
今年は手の骨折か????

と慌てて
病院に駆け込んだのは
満月の日

あの蝕期間
使い果たせてなかった
自分エネルギー
まだあったのかしら〜とかね

いろいろ思いながら
レントゲンを撮ったら

どこも骨
折れてませんよ・・・と

へ?
は?
こんなに痛いのにー!

ということで
ギブスだけもらって

でも3日後には
嘘のように腫れも内出血も
何事もなかったかのように
キレイに完治した


だよな
だよな

あの期間
自分的MAXまで
動きまくったもん〜

それでも
ちょっと

「おつり」程度に
エネルギーが余って
それが捻挫となったワケだ


ってことで皆様も

骨折や怪我や事故
というアクシデントに遭ったときは
(恋愛も一種の事故!)

自分に
めっちゃ
エネルギーが来てる!

と解釈して

幸福実現に向けて
自分活動を活発化させることなのだ


こういうエネルギーを
現実的に使いこなすことなく
自分の体内で溜め込んで発散しない人は

いわゆる
「心的」「精神的」
体調不良にみまわれる


心的
精神的
体調不良が

メディスンでは効かないとは
こういうことなのだ


アンダースタン?




 
 

審判から愛情へ

IMG_3113
すごい生長ぶりだ

だって去年の写真がコレだもん ↓
IMG_2343

時間が経つって
時間の経過ってのは

植物の生長ぶりを見れば
一目瞭然なのだ


それと
子供の成長ぶりね


大人になっても
体の成長期が終わっても

心は日々
グングン
成長する

それが自然のことなのだ


生長を
成長を

阻害するのは
阻止するのは

自分に対する
自分の行為と行動

それに他ならない


過保護
過干渉

虐待
無視

放置
放任


構いすぎる
構いなさすぎる

水をあげない
水をあげすぎる

太陽に当てない
太陽を当てすぎる

などなど
 

それよりなにより
必要なのは

「温かく見守る視線」
他の言い方をすれば
「愛情」


もっとも
必要ないのは

「厳しい監視の目」
他の言い方をすれば
「審判」


愛情を知らないで
育ってきた人は

「温かく見守る視線」と
「厳しい監視の目」の区別がつかず

なんでもかんでも
だれでもかれでも

「厳しい監視の目」に置き換える


これこそが
毒親洗脳の具現化なんだから


審判から愛情へ

まずは自分に対して
できるようになって

審判から愛情へ

つぎに他人に対しても
できるようになって


そしたら

人間に対する見方も
世界に対する見方も

コロっと
ゴロっと

変化していくようになるんだよ





自分の感性

05
『I can only do me』

08

『go with your instinct and go with your gut』


ええ言葉やな〜
ええ表現やな〜


自分の中で
ピンと来るのは

英語のフレーズばかり


なんでやねん?
日本人やのに!

ってね
しょうがないやん

自分の感性が
こうなんだから


なんで
お母さんは日本人なのに

英語の本ばかり読んで
英語の曲ばかり聴いてる?

とは息子に
よく言われるのだけど


しょうがないやん!
これが自分の感性なんだから!


自分が何に響くか
そんなもんは自分では選べない

だから
意味なんて分からない


意味なんて分からないところに
ズドーーーーーーンとハマっていくこと

これが

「自分の好きを生きる」
という生き方なんだから





イヤイヤ星人のいない世界

IMG_3036

家族全員が

イヤなことして
生きてないから

あれイヤ
これイヤ

という話が
まず家の中で出てこないし


家族全員が

イヤな人と
付き合ってないから

あの人イヤ
この人イヤ

という話も
出てきようがないんだ


息子たちも
こういう環境で育ったら

他人のイヤイヤ話なんかに
耳を傾けないだろうし

そもそも
イヤイヤ人とは
付き合わないというか

まぁ出会う事もないよな


波動の法則とか
引き寄せの法則とか

そんなことではなく


自分が
自分の人生で
付き合う人間も

自分が
自分の人生で
出会う人間も

本質的に

自分と同じ種類の人格
自分と同じ種類の人生

そういう人しか
有り得ないんだから


***

自分が

自分と
付き合いたい人になる

自分が

自分と
出会いたい人になる

***


それは
簡単な事ではないけれど


孤独な自分
孤独な人生

それを
打破するためには

やるっきゃないでしょ?







 

自分の手で生み出す愛と美の世界

IMG_3033

自分の部屋は
自分のスペースは

自分に与えられた
地球の一部で


そこを
どんな世界にするかは

その部屋の住人に
そのスペースの所有者に

全ては委ねられている


この世の全ての人間が
自分で自分を幸せにすれば
全人類が幸福人間になるのと同様に

この世の全ての人間が
自分の部屋とスペースを愛と美で満たせば
地球全体が愛と美で満ちていくことになるんだ



「自己責任」とは

簡単に言えば
こういうことなんだよ




 

どうせ生きるなら

IMG_3031

なぜそんなに
幸福を求めるのか?

答えは簡単
過去が大不幸だったからだ


こんな自分じゃ
こんな人生じゃ

死んだ方がマシ!

というところまで
行き着いたからこそ


どうせ生きるなら
楽しく生きようと

どうせ生きるなら
幸せに生きようと


自分の在り方
自分の生き方

それを
ゴロっと変えたんだ


幸福?
何それ
別にどうでもいいじゃん〜

などと
『のほほん』と生きてる人には
決して分からないだろう


元・不幸人
現・幸福人

その心の内は




 

幸福言語の習得

IMG_3029

言葉の定義

まずは
そこからなんだよ


だから
幸福を学ぶって

語学を学ぶことに
とてもよく似ている


まるでそれは小学1年生から
国語を(日本語を)学び直すような

そんな感じなんだ






妄想人間テスト

39
今日のグーグル

あら〜〜今日は
お雛様なのね〜


ところで
雛人形なるもの

Angelaは
自分の人生でご縁はなく


でも
Angela

恋愛経験も
結婚経験も

めっちゃ豊富だぞ〜〜〜

ってことで
関係ないのよね

雛人形があるとかないとか
雛人形をどう扱うかと扱わないとか

恋愛にも結婚にも
何の関係もありませ〜ん
ということだ


というか
そもそも

この現実世界というもの
「自分行動なくして」何事も起らない


でも
スピリチュアル洗脳者ってのは

祈ってれば
願ってれば

天から男が降ってくるとか
本気で信じたりするんだよな


男と出会いたければ
男の居る場所に出入りせず
どうやって出会うねん?

男と結婚したければ
男と恋愛せずして
どうやって結婚できるねん?


という
当たり前の話が

スピリチュアル洗脳者には
全く通じない


だから
スピリチュアル洗脳者とは

イコール妄想洗脳者
とも言えるんだ


妄想には
被害妄想と夢妄想とあり

どっちにしてもコレ
単なる現実逃避行為だからね


自分がスピリチュアル洗脳者か
つまりは妄想洗脳者か

自分で簡単に
判定できる方法はあるよ


***

私は他人の気持ちが分かる人である

***

この問いに
YESと答えた人

=スピリチュアル洗脳者
=妄想洗脳者 


他人が他人の気持ちなど
分かるはずないやん!

だからこれが
妄想回路なんだよ



現実で
現実生活で

他人と気持ち良く
共存する時に

最も重要な事は

他人の気持ちを
妄想する事ではなく

他人の生活と
他人の人生を

理解できる頭を持つ事なんだ



他人の生活と
他人の人生を

理解できる頭って何?


妄想回路変更のためには
まずはココから考える必要があるんだ






 

良質を見極める方程式

45

ガガさん

すっかり
エレガントになって

結婚前の女性は
本当に美しい




それで
ロックな人ってさ

知れば知るほど
良い人だったり

知れば知るほど
礼儀正しかったりするんだよな


逆に一見

良い人っぽく
礼儀正しい人っぽいほど

知れば知るほど
良くない人だったり

知れば知るほど
無礼な人だったりする


だいたい
この方程式は
間違いないんだ

少なくとも
Angelaの人生経験の中ではね




*ロックな人の定義とは

ぱっと見

人を寄せ付けない
近寄りがたい人

などなど






超有名幸福ワード

IMG_2993
何年か前に
ブログでも紹介した
レジカゴバッグ

まだまだ全然使えるし
全く傷んでもいないのだけど

そろそろ新しいの欲しいな〜って

自分のブログで検索して
ショップサイトに飛んだら

あれ〜〜〜〜っ
もう販売してないし〜〜〜ぃ


こういうことがあるから
気に入ったものは数個くらい
予備に買っておくべきなんだよなぁ

すっごい気に入ったバッグも洋服も
色違いとか柄違いとかで買っちゃうのも
そういうことからなのだ


自分が
すっごい気に入るモノって

ホント
そうなかなか無い


そしてそれは
モノだけじゃないんだ

人生における
ありとあらゆる要素は

自分が本当に気に入るって
そうそうない


だからこそ自分が本当に
気に入ったものと出会った時には
それを永遠に大切に大事にしようと思うんだ


ってか

数だけあっても
不幸な人はたくさんいるしね

というか

不幸だから
数をかき集めたくなる

ということなんだが



『量より質』って
『シンプルライフ』って

だからこれは
誰もがよく知る

超有名幸福ワードなんだ





 

キレイごと心理操作の仕組み

hermesbird3


暇つぶしと
寂しさつぶしで

人間関係を作っても
ロクなことはないからね

ロクなことはないとは

自分も相手も
不幸になるってことで


そもそも

自分が暇だからとか
自分が寂しいからとか

そういう人間関係には
目的意識がないわけで


だからこそ
そんな人間関係

良質な人間関係が
築けるはずもないんだ

 
暇ってのは
自分のやりたい事が分からないから
発生する人生事項で

寂しいってのは
自分のやりたい事をやってないから
発生する人生事項だ


自分のやりたい事が分からないとは
『自分は何のために生きてるか分からない』
と同義語なんだよ


それで
やりたい事っての
多くの人は大げさに考え過ぎなんだ


・他者のためになる事
・世の中のためになる事
・人類のためになる事


そんな発想でいけば
答えなど永遠に見つからない


ジョン・レノンは

自分とヨーコのことだけを歌った
自分とヨーコのためだけに歌った

自分がやりたい事ってのは
そういうことなんだ


その結果
ジョンもヨーコも
偉大な人となったが

自分がやりたい事
その行く末にある結末は

「神のみぞ知る」世界観で

他者や
世の中や
人類の反応は

自分で意図的に
操作出来るものではないし

反応を
操作しようとするから

欲求不満
不平不満
不幸感
絶望感

そんなものに
自分と人生が包まれてしまう事になる


他者を笑顔にしたいとか
他者を幸福にしたいとか

そんな
キレイごとすら

自分好みの反応待ち
つまりは心理操作だ


人は皆

自分の笑顔のために
自分の幸福のために

ただただ
自分と愛する人のために

今日を
そして
明日を

生きていけばいいだけなんだよ






 

3つの人生の選択肢

21

太陽が木の枝の間に挟まって見える
今朝の日の出の風景

なんて
幻想的な瞬間だろう


自分の夢とか
自分の理想ってのは

この写真のように
リアルなイメージで
自分の心に刻印されるんだ

だからそれは現実のものとなる
(現実にしようと自らが積極的に動く)


写真のようなリアルなイメージ


それが白紙の人は
白紙の未来が作られるだけだし

それが最悪のイメージの人は
最悪の未来が作られるだけ


残酷なまでに
これが人生の真実


つまり
人生の選択肢は3つだけなんだ

①夢と理想を現実にする
②何事もない未来を現実にする
③最悪の未来イメージを現実にする


ということを

肝に銘じて
日々を生きるなら

どれだけ自分自身
無意識のうちに

白紙を現実化していってるか
最悪を現実化していってるか

自覚できるはずだよ




 

美が救う

IMG_2930


好きなモノだけに
囲まれて生きるとか

好きなコトだけして
毎日を生きていくとか


もう
なんか
自分的には
当たり前すぎて

議論の余地もないと言うか

そんな段階のことを
議論することすら無意味に思う


どうすれば
そうやって生きれるのかって
ハウツーなら
世間に山ほど転がっていて

でもこれも
実践する人は
ごくごく一部で


じゃあ
その他大勢
圧倒的多数の人間は
なにやってんだって

何もしてないんだよ


現状を嘆くだけで
現状を悲観するだけで

自分と人生を変えようと
具体的行動を何もしない


こういう人間に
効く薬はあるか?

ないから

覚醒剤とかに
手を出す人間が
後を絶たないんだと思う


イージーだよな

金で全てを
解決しようと企む人間もまた
覚醒剤の餌食になるんだ


自分を変えるとか
人生を変えるとか

これは
お金で買えない幸せだ

これは
お金では解決できない人生問題だ


じゃあ
金じゃなくて
何だ


だからそれが
自分に対する愛なんだよ


自分を愛して生きてる人は
自分を粗末に扱わない

自分を愛して生きてる人は
自分を粗雑に扱わない


優しく
愛おしく
丁寧に
慎重に

自分の全てを扱う
人生の全てを扱う


こうやって生きてたら

魔の手なんてのは
入る隙もないんだよ

魔が差す隙もなくなる



イージーってか
適当っていうか

自分がそうならないのは

やっぱ
美意識

それがガシっと

何時どんな時にも
自分軸にあるからなんだよな






ただのひと時代の葛藤




マドンナ姉さんが
デビッド・ボウイ死去の直後

自分のコンサートで
自分とボウイとの思い出を
語っている映像を見つけた


ちょっと
初耳だったんだけど

ボウイがマドンナの人生を変えた?

へーっ
そうだったんだ!


ボウイのコンサートに
彼女が初めて足を運んだ時に

『私は他の人と違ってもいいんだ』

ということを
彼から学んだと

それがマドンナ人生を
創り始めるキッカケになったのだと


マドンナですら
「ただのひと時代」には
そういう葛藤があったんだ


同じような事を
レディー・ガガも言ってたな
そういえば

1

グラミー賞でのガガの
ボウイ追悼のパフォーマンスも
かっこ良かった

ボウイの70年代楽曲のオンパレードで
生粋のボウイファンって選曲だったしね


『自分は他人と違ってもいい』

 
マドンナも
ガガも

その
「人生の真実」に
救われた人



ロックの思想ってのは
一言で簡単に言えば
そういうことなんだろうな




《 追記 》

01

うわっガガさん
ボウイのタトゥ彫ってたんだー!

ボウイへの本気の思い
その証がこのタトゥなんだな





人間の象徴/幸福の象徴

49
テニスコートの恋が

B20sFSPCIAA6oi8
こういうハッピーエンドを生んで

今でも
このお二人は
とても仲が良さげ


***


天皇というシステムに関しては
どうでもいいというか無関心なのだが 

『日本の象徴』
『人間の象徴』

というところから見れば
非常に興味深い


幸せな人
満ちてる人
自分らしく生きてる人

今の天皇一家って
その見本というか
手本みたいだからだ


たとえば

天皇陛下が
声を荒げたり
人を罵倒したり
すると思う?


あの表情
あの語り

あれそのまんまでしょ
家にいても

妻に対しても
子供に対しても


それは
人間として特殊だろうか?


いや
全然

Angelaは
あれがフツーと思ってる


まあ
あそこまで
スローテンポではないにしても

雰囲気的には
みんなあんなもんだ


幸せな人は
(信頼と尊敬のある家族を持っている人は)

満ちてる人は
(自分の宿命と使命を全うして生きている人は)

自分らしく生きてる人は
(自分が興味を持つ生涯の研究テーマがある人は)


不幸せな人は
満たされてない人は
自分らしく生きてない人は

粗雑で
横暴で
乱暴だよね

日常の全てにおいて

だから
キーキー
ギャーギャー

落ち着きがない
余裕がない

イコール

穏やかじゃない
優しくない


つまりは
性格が良くない


性格ってのは
先天的なものではないから

性格ってのは
後天的なものだから

自分で
いかようにも
作り直せるんだよ


落ち着きを持てば
穏やかな人になれる

余裕を持てば
優しい人になれる


落ち着きと余裕って
どうやって生まれるかって

そんなの全部は

自分の在り方
自分の生き方

つまりは自分の心がけ次第でしょ?




 

天皇陛下御即位10年奉祝曲
『Anniversary』 by YOSHIKI


この曲を聴くと
この映像を観ると

第三の目が
ガーーっと開くんだよ
(第三の目=眉間にある超感覚)


YOSHIKIは
すごいな


またまたX JAPANは今
困難に直面してるけど

X JAPANは
これで一個の生命体だから


それも
永遠の生命体なんだよ


YOSHIKIも
X JAPANも

もうね
永遠の存在なんだ



 

 

家庭という天国世界を創る方法

IMG_2918

不幸な生育歴を持つ人は

もし自分が結婚したら
もし自分が親になったら

自分の(同性の)親と
同じように不幸になる!

という思い込みが
心の奥底にあるからね


だから結婚も出産も
現実で遠のく事になるんだ



実は

これは
大正解で

自分改革する前に

自分が結婚すれば
自分が親になれば

やっぱり自分は
親のクローンになってしまうんだよ


こうやって自分の心問題に
無自覚&無関心な人間によって
不幸な結婚生活を送る人々が
ゴロゴロ大量生産されることになる


でも未婚の人って

結婚を美化するから
既婚者を美化するから

不幸な結婚生活が
不幸な夫婦生活が

この世に存在する事を
普段はすっかり忘れている


そういう時は
自分の両親を思い出せばいい

自分の生育環境を
思い出せばいいんだ


あの夫婦
あの家庭

あれを自分の人生で
丸ごと再現したいか?


絶対NOのはずだ


だから未婚
だから独身

という今の人生結果は
だから大正解なんだよ


という自分の現状を
正しく再認識した上で

しかるべき自分改革して
幸福結婚を目指せばいい


夫婦というのは
共同経営者みたいなもんだから

人生の波も
人生のリスクも

丸ごと共有する事になる


それでも
一緒に家庭を運営したい
(一緒に人生経営したい)
と思えるのは

相手が
経営者として

信頼できるからだ
尊敬できるからだ

イコール

その人といれば
自分の明るい明日と未来が
いとも簡単に想像できるからだ


愛とか
運命とか
赤い糸とか

そういう非現実的空想論を語っていたら
いつまでも結婚は具体化していかないからさ


『共同経営者』
『運命共同体』

そういう視点で
幸福結婚に向けて

自分の在り方を
自分の生き方を

キチンと
整えていく必要がある


『共同経営者』
『運命共同体』

それは魂が関係するんだ
(愛よりも魂の方が幸福創作には強烈に影響を与える)


だから
理屈じゃないんだよ


自分が自分の
魂の使命に乗っ取って

つまりは

自分の幸せの道に
自分が生き続ける事


この在り方こそが
この生き方こそが

幸福結婚には
絶対必須の人生要素なんだ





《 追記 》

それで

自分の結婚相手に
自分が望むものを

もちろん自分自身も
兼ね備えなければいけないよね
 
 

自分は
経営者として

信頼できる人間か?
尊敬できる人間か?

イコール

自分といれば
相手に明るい明日と未来を
いとも簡単に想像させることができるか?



 

優秀で有能な猛獣使いになる

m

これも錬金術の絵なのだけど

人間の幸福の在り方が
上手く描かれている


『自分が猛獣使いになる』って
そういうイメージだよ


不幸な人ってのは
不幸な人生ってのは

自分が乗ってる猛獣に
振り回されてるっていうか
振り飛ばされてる状態なんだよ

イコール

猛獣使いとしてのワザが
おおいに不足している

ということなんだ


猛獣は
一人一匹
もれなくついてくる


だからこそ

自分自身
自分人生

誰か
何とかしてくれー!


いくら他者に
助けを求めても

猛獣は自分が
コントロールするしか方法がない


ただし
猛獣コントロール方法

それだけは他者が他者に
伝授してあげられるものだけどね


スピリチュアルや宗教などの
現実逃避思想では

猛獣に麻酔をかける
猛獣に催眠をかける

ということを
するだけで

だから

自分も
人生も

前には進まない
ってことになるんだ


麻酔かけたら
催眠かけたら

たしかに猛獣は
おとなしくはなるさ

でも
それだけ


人生が前に進まないのだから
自分の現実は何も変わらない


なので

虚しい人生が
手応えなしの人生が

延々と続くだけ



猛獣は
叩いたり蹴ったり罵倒したり

そんなことしても
逆上するだけだからね

猛獣と喧嘩してるうちは
猛獣はコントロールできない


自分が死ぬまで
片時も離れる事なく
自分の側に居る猛獣

つまりは猛獣って
『自分の人生の相棒のこと』
なんだよ


自分が最高の猛獣使いになれば
自分が最強の猛獣使いになれば

自分は
孤独ではなくなる

自分は
最高の相棒を得ることになる


イコール


自分は
どんどん
前に進める

現実が
どんどん
変化していく



この錬金術の絵を
東洋風にすると牛になる(十牛図)
oxherd31_006


この錬金術の絵を
現代風にすると馬になる(エルメスロゴ)
55

 

Angelaの猛獣は
今やエルメスさぁ〜

猛獣は
美しい馬となり

Angelaは後部シートで
優雅に人生の旅を続けるのさぁ〜






《 追記 》 

もうすぐバレンタインデー
ということで

番外編として
こんなのもあるぞ ↓

48

愛と勇気の
レディ・ゴディバ!

こういう馬の使い方こそが
かっこええ女の生き方の見本だな


 
 

幸福な家族と家庭の中身

11

大好きなベッカム一家!
勢揃いのレアなショットだ



彼らのような

幸福な家族って
幸福な家庭って

どんなイメージ持ってる?


この家族が
この家庭の中で

四六時中
他人の悪口なんて
言いまくってるだろうか?

自分や人生の
不平不満や愚痴を
言いまくってるだろうか?


なワケないよな


嫌悪を吐かない代わりに
自分の好きなことも
家族に隠して生きてるだろうか?

自分が好きなことを隠して
自分が好きなことして生きることを
家族のために我慢して生きてるだろうか?


なワケないよな 


幸福な家族は
幸福な家庭では

今日あった
楽しかったことを

今日あった
嬉しかったことを

今日あった
幸せだったことを

お互いに言い合うんだ
お互いに語り合うんだ


そもそも根底は
「自分の好きなこと」で
繋がって完成された家族なのだから

自分の好きな話題は
家族にも通じる

自分の好きな話題は
家族だけには通じる


自分の好きに向かって
日々を生きることを
互いに尊重し合い生きている


そこには

遠慮とか
我慢とか

そんなものは
一切ないんだよ


「あなたがいるから」
自分の好きを遠慮するとか

「あなたがいるから」
自分の好きを我慢するとか

そんなことは
有り得ないんだ


ってか
どっちかっていうと

お互いがお互いの
「好き」を後押しする

お互いがお互いの
「好き」に背中を押していく


こうやって
家族全員が各々
「自分の好き」を
中心に生きていくんだ


だから

家族に遠慮とか
家庭で我慢とか

なんやねん
それ?

って世界観なんだよ



不幸な生育歴を持ってる人は
自分の生育歴を再現しないことは
当然のこととして


自分の理想を
自分の夢を

自分の人生だけじゃなく
自分の家庭でも

反映させ生きていかなきゃ




いずれにしても

まずは自分自身が
まずは自分人生を

「自分の好き」を中心に
生きていくことが先

なんだけどね







  • ライブドアブログ